• Wi-Fi対応の目覚まし時計「Link Time」 予定管理や見守りも可能(日経トレンディネット)

Wi-Fi対応の目覚まし時計「Link Time」 予定管理や見守りも可能(日経トレンディネット)

未分類

高尾 瞬の–「マスター・オブ・ライフ」–購入者が言う実際の評判

高尾 瞬の
–「マスター・オブ・ライフ」–に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:キングジムが、スマホとの連携で進化した目覚まし時計を発売する。見た目は普通の目覚まし時計だが、使ってみると頼もしい機能がたくさんあった

独自の発想でデジタルとアナログをつなぐ製品を次々と発表するキングジムが、スマートプログラムアラーム「Link Time」(1万3200円)を発表した。10月26日に発売する。

【関連画像】スマートフォンの画面からワンタッチでアラーム予約ができる

 Link Timeは、無線LAN対応の目覚まし時計だ。画面情報が多いことを除けば、デジタル表示の目覚まし時計そのもの。特に上部にボタンがあるのは、いかにも目覚まし時計という感じだ。もちろんスマートプログラムアラームなので、ただの目覚まし時計ではない。

 最大のウリはスマートフォンやパソコンから、細かくアラームを設定できること。スケジュールアプリに細かく予定を登録する感覚でアラームの設定ができる。

 例えば、絶対に起きなければならない日に、5分おきにアラームを鳴らしたり、1年先の大事なスケジュールに遅刻しないように早めに設定しておくなど、曜日によって違う時間にアラームを設定することがラクに行える。確認もスケジュール管理アプリ同様、月、週、日で表示できるから間違えない。ここまで細かく設定できる目覚まし時計ならスマホのアラームよりも使えそうだ。特に、毎日起きる時間が異なる人にはとても役立つ。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL