• ニコン「Z 7」+マウントアダプターでシグマ製レンズを装着 三井公一の最新デジカメ撮って出し(日経トレンディネット)

ニコン「Z 7」+マウントアダプターでシグマ製レンズを装着 三井公一の最新デジカメ撮って出し(日経トレンディネット)

未分類

株式会社トレンドアクアの剣道強豪選手量産プログラム【高校剣道界の雄 教士七段 所正孝 監修】DVD2枚組購入者が言う実際の評判

株式会社トレンドアクアの
剣道強豪選手量産プログラム【高校剣道界の雄 教士七段 所正孝 監修】DVD2枚組に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:人気のニコン「Z 7」だが、Zマウント対応レンズはまだ多くない。そこで今回は、マウントアダプター「FTZ」を取り付けた上でレンズメーカー、シグマの各種レンズを試してみた。

9月末に発売されたニコン「Z 7」。この連載でも何度も取り上げてきたが、残念なことに10月下旬の予定だった交換レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」の発売が12月中旬に延期になってしまった……。

【関連画像】ニコンのロードマップを見ると、Zシリーズに超広角レンズが登場するのはかなり先だ。「S-Line」以外でリリースされる可能性もあるが、ひとまずはシグマ製のレンズを使うのが現実的だろう

 しかし心配はいらない。マウントアダプター「FTZ」を取り付けて、対応レンズを使えばいいのだ。前回は同じニコンの“大三元”を試してみたが、快適に撮影できた。

 一方、サードパーティー製のレンズについては問題も報告されている。しかし先日、シグマは公式リリースで、同社のレンズは問題なく動作すると発表した。ということで、今回はシグマのレンズをZ 7に取り付けての撮影だ。

 結論を書いてしまうと、シグマの「SGV(シグマグローバルビジョン)レンズ群」は快適かつ楽しく撮影でき、その写りも上々。ニコン「Z」シリーズはまだレンズラインアップが少ないが、シグマのレンズがあれば存分にその写りを堪能することができるだろう。

三井公一(サスラウ) Koichi Mitsui
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影している。2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。著書にはiPhoneで撮影した写真集「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉(雷鳥社)」、「iPhone フォトグラフィックメソッド(翔泳社)」がある。
公式サイトは http://www.sasurau.com/、
ブログは http://sasurau.squarespace.com/、 ツイッターは @sasurau

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL