• 『Googleレンズ』と『Microsoft Bing』の画像検索、どっちが使える?(ライフハッカー[日本版])

『Googleレンズ』と『Microsoft Bing』の画像検索、どっちが使える?(ライフハッカー[日本版])

未分類

【高濃度水素水】富士美泉水素水 10L×4本セットのネタバレと体験談

株式会社ナミリスダイナミックバンクの
【高濃度水素水】富士美泉水素水 10L×4本セットが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:『Googleレンズ』と『Microsoft Bing』の画像検索、どっちが使える?

「カメラを向けて情報を知る」分野においては、Googleが一歩抜きんでているように思われています。

【記事の全画像】『Googleレンズ』と『Microsoft Bing』の画像検索、どっちが使える?

最初に登場した「翻訳」アプリは、外国語で書かれた看板などをスマホのカメラで撮るとその翻訳が表示されるというものでした。

最新の「レンズ」アプリでは、この技術を拡張して、写真に撮った(あるいは撮ろうとしている)モノの情報を、瞬時に知ることができるようになっています(Androidにはレンズの単体アプリがありますが、iPhoneの場合「Googleフォト」アプリの一機能です)。

しかし、このような画像認識AIは、Googleだけのものではありません。Microsoftは6月に、Bing向けの新しい画像検索機能を米国向けに発表しました。『Bing検索』アプリ(Android)やAndroidの『Mirosoftランチャー』、『Edge』からアクセスできます(米国版のみ)。

スマホに複数の検索アプリやブラウザを入れるのはちょっと、というあなたのために、2つのビジュアルテクノロジーを比較する実験を行ないました。

その結果、Googleのほうが使いやすい印象を受けましたが、撮影するものによって精度も異なることがわかりました。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL