• 「カードキャプターさくら展」で幸せ感に包まれて…六本木で開催中(女子SPA!)

「カードキャプターさくら展」で幸せ感に包まれて…六本木で開催中(女子SPA!)

未分類

恋愛初心者のためのペアーズ攻略テンプレート ルーティン3の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:(C)CLAMP・ST/CCSE

1990年代、日本中の読者を熱狂させた『カードキャプターさくら』(以下、CCさくら)の展覧会「カードキャプターさくら展‐魔法にかけられた美術館‐」が森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ森タワー52階)で開催されています。

⇒【写真】カードキャプターさくら展

『CCさくら』は、小学4年生の少女さくら(木之本桜)が自宅の書斎で不思議な本を見つけたことから、そこに入っていた「クロウ・カード」を収集する「カードキャプター」となり、ケロちゃん(ケルベロス)、大道寺知世ちゃん、李小狼くんらと共にカードを収集してく物語。少女マンガ雑誌『なかよし』で連載され(1996~2000年)、アニメ化もされて多くのファンを惹きつけました。

 作者のCLAMP先生の展示会は大変珍しく、その意味でも見逃せないイベントとなっています(前期10月26日・金~11月30日・金、後期12月1日・土~2019年1月3日・木、10:00~20:00 最終入館19:00)。プレス内覧会に行った筆者が、その見所をご紹介します。

◆CCさくら展は、本当に魔法にかけられたよう

 さてその中身はというと……とにかく大きい。

 さくらちゃんもめっちゃ大きい。

 ケロちゃんも2階建てくらい大きい。

『カードキャプターさくら』の幸せな世界にどっぷり浸れます。初っぱなの「はじまりの書庫」の本の大きさに圧倒され、もう全身で『CCさくら』の世界に入り込んじゃいます。

 副題の「魔法にかけられた美術館」は伊達(だて)じゃありません。なんだか自分が魔法にかけられて小さくなって、不思議な世界に連れて行かれたみたい、ずっとゾクゾクが止まりませんでした。

 知世ちゃんの作った衣装が再現されていたり、

 カードがズラリ並んでいたり。

 読む人、見る人をひたすら幸せにする作品じゃないですか。そのワクワク感、幸福感に包まれる展示会です。

 懐かしい『なかよし』の付録も!!

 そして「CCさくら」ファンならずとも必見なのが、大っ量のCLAMP先生の原画です。

 迷(メイズ)な原画ゾーンと名付けられた、迷路のようなコーナーに、約100枚もの原画が展示されてます。これも鳥肌ものでした。

 カラー原画のあの立体感……! ホワイトのつぶつぶがキラキラ光ってます。肌の質感のなめらかさや優しい色づかいに、もうため息ばかり。あの色ムラのない綺麗なグラデーションが手書きだなんて信じられません。

 そして印刷では見られない、息づかいの見えるようなモノクロ原画。「こんなところにホワイトで修正が!」っていう驚きや、切り貼りで添えられたお花、丁寧に塗りつぶされた墨、どの原稿もうっとりです。手書きの原稿ならではの裏事情がありありと見て取れます。

 しかもこの原画、前期と後期で入れ替わるそうです。2回行かないとダメなヤツですね!

 そして興奮さめやらぬまま突入するミュージアムショップ、やばいです……。写真にはないですが、花柄スマホケース、めっちゃかわいかった。

 というわけで大興奮の展示会でした。ああ、しあわせ……。

<取材・文/和久井香菜子>

【和久井香菜子】

ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「ブラインドライターズ」運営

いま、話題になっている・・・
恋愛初心者のためのペアーズ攻略テンプレート ルーティン3をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社ひよしウェブさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL