• 大切なのは疑うこと。「くまモン」を成功させたクリエイティブディレクターの発想術(ライフハッカー[日本版])

大切なのは疑うこと。「くまモン」を成功させたクリエイティブディレクターの発想術(ライフハッカー[日本版])

未分類

宅地建物取引士驚速合格教材は詐欺という噂は本当?あの掲示板での評判

株式会社 井真井さんが販売している
宅地建物取引士驚速合格教材が売れていて話題になってるみたい?

2ちゃんねるでは
【詐欺】とか【怪しい】という噂があるみたいだけど
本当のところ、効果はどうなのか気になりますよね~

出典元:大切なのは疑うこと。「くまモン」を成功させたクリエイティブディレクターの発想術

『いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書』(水野 学著、ダイヤモンド社)の著者は、クリエイティブディレクター、クリエイティブコンサルタント。

【画像】大切なのは疑うこと。「くまモン」を成功させたクリエイティブディレクターの発想術

相鉄グループ「デザインブランドアッププロジェクト」、熊本県「くまモン」、東京ミッドタウン、オイシックス・ラ・大地「Oisix」など、数々のプロジェクトを手がけてきた人物です。

そんな実績に基づいて書かれた本書のテーマは、ずばり「段取り」。というのも、同時に進む何十件もの仕事をストレスなく順調に進めることができるのは、きちんと段取りをしているからだというのです。

「段取り」という言葉は少し古くさいかもしれません。それでも、仕事においてとても大切なことです。仕事の目的を定め、きちんと計画し、あらゆる突発的なことも先回りしながら、時間どおりに実現させる。

段取りがなければ、いつもバタバタして、日々トラブルが起き、プロジェクトは糸の切れた凧のようにどこに飛んでいくかわかりません。

段取りは、仕事の「超基本」です。 しかし、なぜか「段取りはこうするんだよ」と学校でも会社でも教えてくれません。ならば「段取りの教科書」をつくろう、と思ったのがこの本を書きはじめたきっかけになりました。(「はじめに」より)

段取りを考えるにあたって著者が大切にしているのは「ルーティン化」であり、それはどんな仕事でもすべて同じなのだといいます。

そして、あらゆる仕事をルーティンにしていれば、目の前のやるべきことを淡々とこなしていくだけなので、仕事もどんどんすすんでいくということ。

段取りによって仕事をルーティン化し、ベースをきちんとしておくことで、仕事のアウトプットのレベルが上がるというのです。また、仕事を「やりとげる」ためにもそれは大切。

きょうはCHAPTER 1「段取りは『目的地』を決めるところから」に注目し、段取りをするためにまず必要なことについて考えてみたいと思います。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL