• 富士フイルムの開放f2.0大口径レンズで街を撮り歩いた 三井公一の最新デジカメ撮って出し(日経トレンディネット)

富士フイルムの開放f2.0大口径レンズで街を撮り歩いた 三井公一の最新デジカメ撮って出し(日経トレンディネット)

未分類

~免許取得対策・運転下手克服~ハイブリッドマニュアルのネタバレと体験談

吉崎 佐次郎の
~免許取得対策・運転下手克服~ハイブリッドマニュアルが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:10月25日発売の富士フイルム「XF200mmF2 R LM OIS WR」は、開放f2.0大口径望遠レンズ。これを同社のミラーレス一眼「X-H1」に装着して、三井氏が街を撮り歩いた

富士フイルムから開放f2.0という明るい望遠レンズが登場した。この「XF200mmF2 R LM OIS WR」は同社の「Xシリーズ」に装着すると35mm判換算で305mm相当の撮影が可能。また付属の1.4倍テレコンバーター「XF1.4X TC F2 WR」を使用すれば、280mm(35mm判換算427mm相当)、f2.8の超望遠レンズとなる。大口径スーパーEDレンズ1枚と大口径EDレンズ2枚を含む14群19枚構成で、色収差を徹底的に抑制しており、高い解像感とソフトなボケ味を両立させているのが魅力だ。

 ※作例は、日経トレンディネット『富士フイルムの開放f2.0大口径レンズで街を撮り歩いた』(https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1059806/102200067/)で、ご覧いただけます

 この春に発売されたミラーレス一眼「X-H1」にXF200mmF2 R LM OIS WRを装着していろいろと撮り歩いたが、縦位置パワー・ブースター・グリップ「VPB-XH1」をセットするととてもバランスが良く、手持ちでの撮影も負担にならない。また、リニアモーターを搭載するオートフォーカスは高速かつ静かだった。

 マグネシウム合金を使用したマットシルバーのボディーは、防塵防滴、マイナス10度までの低温に耐える上、レンズの前玉には撥水・防汚性能を備えるフッ素コーティングが施されているので悪天候にも強い。5段分の手ブレ補正機能は、動きの激しいスポーツやステージを離れた場所から撮影するときに活躍しそうだ。

三井公一(サスラウ) Koichi Mitsui
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影している。2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。著書にはiPhoneで撮影した写真集「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉(雷鳥社)」、「iPhone フォトグラフィックメソッド(翔泳社)」がある。
公式サイトは http://www.sasurau.com/、 ブログは http://sasurau.squarespace.com/、 ツイッターは @sasurau

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL