• 「私なんてモテない…」不幸な思い込みを手放すステップ(女子SPA!)

「私なんてモテない…」不幸な思い込みを手放すステップ(女子SPA!)

未分類

シグマベイスキャピタル株式会社の株式投資入門コース「第5回 総合演習」(2015.11.29) 口コミが怪しい

最近、話題になっている

シグマベイスキャピタル株式会社の
株式投資入門コース「第5回 総合演習」(2015.11.29)って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:(女子SPA!)

「自分は運が悪い」「自分は結婚するくらいしか道がない」などと思っている人はいませんか?

⇒【写真】イラショナル・ビリーフの例

 それは「イラショナル・ビリーフ(不合理な思い込み)」であるということを、前回の記事でご紹介しました。ではそのイラショナル・ビリーフから抜け出す方法はあるのでしょうか?

 前回に引き続き、キャリアアップコーチの佐久間寿美江さんに聞きました。

◆まずは「~すべき」と思うことを書き出してみる

――どうすればこうしたイラショナル・ビリーフから抜け出せるのでしょうか?

佐久間「カウンセラーの手を借りて価値観を引き出してもらいながら少しずつ思い込みを手放していくことをお勧めしますが、自分でもできます。

 まずはうまくいかないことに対してどんなイラショナル・ビリーフがあるかを書き出すとよいでしょう。イラショナル・ビリーフは『~ねばならない』『~すべき』と表現されることがしばしばあります。自分が思うそれらを簡潔に書き出してみましょう。

 そしてその考えを『ラショナル・ビリーフ』(合理的な考え方)に張り替えていきます」。

佐久間「例えば『彼氏ができない』という悩みがあるとします。もし『彼氏ができないのは私が太っているからだ』と思っているなら『やせなければ彼氏はできない』と思っているかもしれません。これがイラショナル・ビリーフです。次はそれを自問自答してみましょう『どうしてそう思うの?』『それは本当に事実?』『太っている人に彼氏は絶対いない?』と。

 こうしてそれが、非合理的な信念であると気づけたら『やせているにこしたことはないけど、この体型でもできないわけではない』と気持ちが楽になり、明るくなり、行動も変わるかもしれません。

 事実に基づいた論理的な自分も他者も幸せになるラショナル・ビリーフにしていくことで、ネガティブさんから離れてどんどん幸せに近づいていくことができるのです」

◆親から刷り込まれた価値観

――太っていたってなんだって、結婚している人はいますものね。そこに気づくことが大事なのだと思います。でも、イラショナル・ビリーフは、どうして生まれるのでしょう?

佐久間「若いうちは親の影響が強いですよね。繰り返し親に言われてきた価値観は、子どもには疑いようがない。親とは時代も違えば個性も違うのに、親の価値観をそのまま信じ切って、抜け出せずに辛い思いをしている人は多いでしょう」

◆「勝ち組・負け組」も思い込み

――刷り込みという点では、ウェブ記事やテレビなども大きな影響がありそうです。「未婚女性が××した末路」とか「非正規社員の悲惨な現状」みたいに、いたずらに危機感をあおり、ステレオタイプにネガティブな印象を与える情報が蔓延しています。

佐久間「そういう情報を疑ってかかるクリティカルシンキングや情報リテラシーが必要ですね。自分で責任を取って行動している人と、誰かに責任を取って欲しくて足踏みしている人には、能力だけでなく考え方に大きな差があります。

 例えば、まことしやかに言われる『勝ち組とは…』に惑わされて『私は××だから負け組だ』と思っていませんか? それは本当にそうなのか疑ってみてください。結婚している人はみんな幸せでしょうか、それならなぜ3組に1組は離婚をしているのでしょう? 未婚の女性はみな不幸ですか? 『自分にできる仕事なんてない』って、本当に世の中すべての仕事を試してみましたか?」

――うっすらわかっていることだとは思います。でも現状から抜け出せないのは、自分のせいだと思いたくないんです。自分がまさにそうでした。

 逆に今、人から「ライターなんて才能があるからできるんだね」と言われることがあります。でも才能なんかより、日々の努力だったり姿勢の部分が大きいですね。好きなことなら努力ができるし、長続きすることも知りました。「才能や経験がないからフリーランスになれない」と思いこんでいた昔の自分は、間違いなくイラショナル・ビリーフに囚われていたと感じます。

佐久間「思い込みでがんじがらめになっていると、一歩も踏み出せずに、不平ばかりがたまってしまいます。自分の気づかないところでたくさんのチャンスを逃しているなんてもったいないですよね。

 自分を縛っている鎖は、誰がつけたのでしょう? 誰でもない、自分です。ぜひ、多くの女性にイラショナル・ビリーフに気づいて、自分を解放してあげて欲しいです。」

――仕事も、結婚も、趣味も、恋愛も、すべて自分の可能性を並列に並べて、自分の意志で選択したいですね。それができている人は、どんな環境にもかかわらず幸せな人生を送っていると思います。ありがとうございました。

【佐久間寿美江さん】株式会社研修屋 代表取締役社長。一級販売士、キャリアコンサルタント。接遇マナー、ホスピタリティ、営業力アップ、クレーム応対、聴く・話す技術などの研修を行う

<取材・文/和久井香菜子>

【和久井香菜子】

ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「ブラインドライターズ」運営

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

シグマベイスキャピタル株式会社さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL