• まるでランウェイ? メーガン妃の外交ファッション(25ansオンライン)

まるでランウェイ? メーガン妃の外交ファッション(25ansオンライン)

未分類

比嘉 晃司の月1回、2時間ある場所を訪れただけで夫婦関係が驚くほど改善された方法とは?購入者が言う実際の評判

比嘉 晃司の
月1回、2時間ある場所を訪れただけで夫婦関係が驚くほど改善された方法とは?に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:Photo:Getty Images

いよいよ4カ国目、最後の訪問国ニュージーランドに入国されたハリー王子とメーガン妃。
途中、やはりというべきか、メーガン妃の体調が優れず、公務予定を変更され、お休みになったりもされながら、あと残すところ4日。4日もある、とも言えますが、かつてのキャサリン妃よりも長いロイヤルツアー。
メーガン妃は妊娠されたその身で、と思うと、そのお疲れたるや…、です。
しかし、そんなメーガン妃にとって、癒し(?)、少なくとも元気の素となっているに違いない、公務ファッション。
まるで“ファッション ウィーク”さながら、毎日華麗なファッションで登場し続けるメーガン妃。
とびっきりのお気に入り?と思しきドレスを着用されている時のメーガン妃に、疲れの色は感じられないかのごとく。
後半にいくにつれ、豪華さが増していくメーガン妃ファッションですが、最新のドレスを含む、素敵な3ルックに注目です!

【写真】女優→公爵夫人、メーガン妃の華麗なるおしゃれ変貌

まずは、26日、シドニーで行われた”オーストラリア ジオグラフィック ソサエティ アワード“に出席された時のソワレ!
見るなり衝撃を受けたほど、素敵!なこちらは、オスカー・デ・ラ・レンタの今季プレフォールコレクションからのデザインです。
チュールにバードのレーザーカットワークが、とても美しくゴージャスでうっとりしますね。
パンプスももちろん黒。このツアー中、ソワレと合わせて頻繁に登場している、アクアズーラのボウつき。このドレスともバッチリ、とっても可愛いですね。

もしや、意外にもプリンセスに憧れが?と推測したくなるような、まさに、メーガン妃流プリンセスドレス!
メーガン妃ご自身の中でも、これがツアー用ワードローブの中でも、気合の入った1着ではないかと思われます。
ただ、お召しになるシーンとして、この授賞式は午後のイベントだっただけに、まわりの方々とのギャップが感じられ(笑)、夜のイベント向き?と思いましたが、そうなると、丈がミディと短い…。
もはやデイタイムもブラックが主流となりつつある、メーガン妃ゆえに、TPOよりも、ドレスの圧巻の美しさで圧倒し、とにかく話題でございました。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL