• 組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?(ライフハッカー[日本版])

組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?(ライフハッカー[日本版])

未分類

ビジネス教材、「起業から5年間、成功法則」、エンドレスサマー、社長育成講座。の噂と実践者の口コミ

ビジネス教材、「起業から5年間、成功法則」、エンドレスサマー、社長育成講座。が
話題になっているけど知ってますか?

●CHとかでも
スレが多くなってきて、いろんな噂が飛び交っている感じです。

出典元:組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?

私は学校を運営し、しかもフルタイムで教鞭をとっている。私たちの学校は今や世界中の教育関係者、企業関係者から手本と見なされていて、毎年数千人が見学にやって来る。(中略)さらにその合間を縫って世界中に出掛けて行き、講演までしている。(中略)正直なところ本を書くどころではなかった。それでもどうにか書き上げたのは、ここで私たちがやっていることは、私にとってもはや願望の問題ではなく、義務だった。(「はじめに バスを走らせるということ」より)

【画像】組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?

こう記しているのは、『ムーブ ユア バス』(ロン・クラーク著、橘 明美訳、SBクリエイティブ)の著者。あるとき講演の最中に、組織活性化の話で「バスのたとえ」を使ったことがあるのだそうです。そして結果的にはそれが、スタッフひとりひとりから最大の可能性を引き出すためのメソッドへと成長していったのだとか。

端的にいえば“バス“とは事業や、「グループでしようとするなにか」のこと。あるいは、ある組織ないしグループが達成しようとする目標、上げようとする成果。バスが目標に向かって走るかどうかは、バスに乗る人にかかっているため、「各人がバスのためにどれくらい活力を注いでいるか(組織のためにどれほど貢献しているか)によって4つのカテゴリーに分類したのだそうです。

それがランナー、ジョガー、ウォーカー、ライダー。貢献度を速度に置き換えているので、彼らの性質を把握できれば、バス(組織)をより効果的に動かすことができるというわけです。そこできょうは、その4つのカテゴリーに焦点を当ててみたいと思います。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL