• 目の前に「攻殻」の素子! 日本初上陸のライド型VRで超絶没入(日経トレンディネット)

目の前に「攻殻」の素子! 日本初上陸のライド型VRで超絶没入(日経トレンディネット)

未分類

(有)ウィステリアコムデザインのスーパースキャルピング225 口コミが怪しい

最近、話題になっている

(有)ウィステリアコムデザインの
スーパースキャルピング225って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:ダイバーシティ東京 プラザ(東京・お台場)のリニューアルに合わせ、2018年11月2日からVRライド型アトラクション「hexaRide」(ヘキサライド)がサービスを開始する。いち早く体験してきた。

2012年の開業以来初となるダイバーシティ東京 プラザ(東京・お台場)のリニューアルに合わせ、2018年11月2日からVRライド型アトラクション「hexaRide」(ヘキサライド)がサービスを開始する。台湾・ブロージェントテクノロジーズが開発したユニークな六角形のライドマシンは、これが日本初上陸。コンテンツのキャッチーさも手伝い、リニューアルにおける目玉のひとつとして注目を浴びそうだ。

【関連画像】『攻殻機動隊 GHOST CHASER』のメインビジュアル。キャラクターデザインなどは『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』がベースになっている

●メディア向け内覧会で迫力の映像を披露

 サービス開始に先駆けたリニューアルオープン内覧会は、ブロージェントテクノロジーズの設立者兼CEOの歐陽志宏(オウヤンツウホン)氏をはじめとする関係者がhexaRide前に集まってのテープカットで幕を開けた。これだけでもhexaRideにかける同施設の期待の高さがうかがえる。

 hexaRideに使われているのは、ブロージェントテクノロジーズが開発した新型機器「Q-Ride」。ヘッドマウントディスプレーを装着して体験するVR(仮想現実)とライドマシンを組み合わせたもので、アトラクション名に「hexa」とあるように、六角形の3辺に4人ずつが外向きに座り、計12人で同時に楽しむ。

 比較的小型の設備だが、歐陽氏によれば、もっと大型のマシンに使われていた技術を転用したもので、これを皮切りに日本国内の大型アミューズメントパークなどにも導入していきたいという意向があるようだ。同社としても日本での製品初披露となるhexaRideに期するものは大きいのだろう。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

(有)ウィステリアコムデザインさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL