• 感動まちがいなしの「おうち餃子」レシピ。カンタン絶品のコツは3つ(女子SPA!)

感動まちがいなしの「おうち餃子」レシピ。カンタン絶品のコツは3つ(女子SPA!)

未分類

株式会社トレンドアクアのバタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】 効果についてレビュー

バタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】の
株式会社トレンドアクアさんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい

出典元:手作り餃子

実は、意外に簡単かも。

 最近、外食業界では「餃子」がブームなんだそうです。その要因としては、王道感のあるおいしさや手軽な値段感、お酒との相性などが想像できますが、「家で作るのが面倒だから」という理由もあるのかもしれません。うーん、確かにイメージとしてはめんどくさそうです。

⇒【写真】餃子の材料と作り方

 そこで今回は、そんなイメージを覆すべく、簡単なのに感動級のウマさ!「本当においしい手作り餃子」のレシピをご紹介したいと思います。

◆おいしい餃子を作る3つのポイントとは?

 まずはじめに、餡がジューシーで濃厚、もっちりカリっとした仕上がりになるためのポイントを3つにまとめてみました。

①ひき肉を使わない

 スーパーで売っているひき肉のうち、リーズナブルなものの多くは、産地などのラベル表示がないもの、部位も書かれていないような「出所不明」の場合があります。ひき肉が臭い、ボソボソするといった経験をしている人もいるかもしれません。そこで今回は、豚ばら肉(薄切りもしくは切り落とし)を、包丁で切って使ってみようという提案。意外と簡単に切れますし、粗く切ればOK。そのおいしさに感激すること間違いなしです。

②調味料や野菜は最小限に

 餃子の餡をおいしくしようとして、様々な調味料を駆使していませんか? おいしい餡に必要なのは、塩味、甘味、旨味、ジューシー感。これらを最小限の食材・調味料で作り上げることを考えました。野菜は、キャベツ(甘味)とネギのみ。調味料は、塩麹(塩味&旨味)とマヨネーズ(旨味&ジューシー感)。他には、ニンニクと生姜、コショウを少々。結果、目からうろこのおいしさにたどり着きました。ニラや、小難しいうま味調味料は不要です。

③蒸し焼きをする時は、「水」ではなく「お湯」で

 最後は、蒸し焼きの方法について。コップ半杯の水を回しかけて、フタをして……という焼き方が定番となっているようですが、この水を「お湯」に代えてみてください。べちゃべちゃ感ゼロの仕上がりに驚くはずです。

 それでは、実際の作り方をご案内します。

◆「本当においしい自家製餃子」の作り方

【材料(餃子30~40個分)】

餃子の皮 30~40枚(※)

豚バラ肉 300g

キャベツ 1/2個

ネギ(刻み) 大さじ3(白ネギの場合は10センチ分)

ニンニク(すりおろし) 1片分

生姜(すりおろし) 1片分

塩麹 大さじ2

マヨネーズ 大さじ1

コショウ 少々

油 大さじ2

※皮サイズや包む餡の量により個数が変わります。

【作り方】

(1)キャベツとネギを刻んで、水分を絞る

 キャベツを細かく切る。ピーラーで千切りにしたものを刻めば、比較的簡単に細かく仕上げることができる。塩(分量外)を少々ふって混ぜておくと、水分が出てくるので、それを手で絞る。最後にキッチンペーパーを乗せて水気をなるべく除いておく。

(2)肉を切る

 肉を重ねて、包丁で切る。ひき肉ほど細かくなくてOK。

(3)調味料を加えて混ぜ合わせる

 野菜、豚肉、塩麹、マヨネーズ、コショウ、ニンニク、ショウガをボウルに入れて、全体を良く混ぜ合わせる。

(4)包む

 餡を皮に乗せて包む。

(5)蒸し焼きにする

 熱したフライパンに油(大さじ1)をひき、餃子を並べる。この時点で火力は強めの中火。お湯100mlを回しかけ、フタをして、火加減を弱めの中火に落として蒸し焼きにする。お湯がなくなってきたらフタを外し、残りの油(大さじ1)を回しかけて、カリッと仕上げる。お皿に盛れば完成!

 さあ、気になる人は是非お試しください!

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。11月に『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)を刊行予定。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL