• 「雇われ作曲家」から「クリエイター」へ。ベートーヴェンによる3つのイノベーションとは?(ライフハッカー[日本版])

「雇われ作曲家」から「クリエイター」へ。ベートーヴェンによる3つのイノベーションとは?(ライフハッカー[日本版])

未分類

売れるサイトテンプレート【極】は詐欺という噂は本当?あの掲示板での評判

出口 智さんが販売している
売れるサイトテンプレート【極】が売れていて話題になってるみたい?

2ちゃんねるでは
【詐欺】とか【怪しい】という噂があるみたいだけど
本当のところ、効果はどうなのか気になりますよね~

出典元:「雇われ作曲家」から「クリエイター」へ。ベートーヴェンによる3つのイノベーションとは?

「クラシック音楽に興味はあっても、難しそうだし入りにくい」

そんな思いを抱いている方は、決して少なくないと思います。そこで、ひとつのきっかけとしておすすめしたいのが『クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養』(松田亜有子著、ダイヤモンド社)。

【画像】「雇われ作曲家」から「クリエイター」へ。ベートーヴェンによる3つのイノベーションとは?

著者は、日本最古のオーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団広報渉外部部長であり、企業や国から相談を受け、演奏会の企画・広報を行なっている人物です。

本書では、クラシック音楽を、まずは読んで楽しんでいただきたい、と考えました。世界共通の言語である「音楽」は、どのようにつくられてきたのか。

ドレミの音階や、メディアとしての楽譜がどのように誕生し、音楽がどのようにして広がっていったのか。そこまで遡って、まとめています。 また、音楽家の役割や名曲が生まれた背景には、キリスト教の誕生や、王侯貴族の没落とブルジョワの台頭、産業革命、民族自決運動、ジャポニズムなど、さまざまな社会・経済の動きが色濃く反映されています。

音楽というフィルターを通じて、新たな世界史の見方もできるのが面白いところではないかと思い、意識的にそうした背景の解説も多く盛り込んでみました。(「はじめに」より)

つまりは、難解な部分も多い従来のクラシック音楽専門書とは異なる視点に基づいているわけです。

特に注目すべきは、ベートーヴェンを「ハイドンやモーツァルトなど古典派のスタイルを受け継ぎつつも、多くの革新を起こしたイノベーター」と位置づけ、彼の功績を「3つのイノベーション」として整理している点です。

ベートーヴェンは世界的に人気の高い作曲家で、演奏回数もモーツァルトと1位、2位を争うほどですから、生で聴くチャンスが多いですし、ベートーヴェンの音楽をより味わい深く楽しめるエピソードを盛り込んだつもりです。(「はじめに」より)

イノベーターとしてのベートーヴェンの功績に焦点を当てた、第3章「革命家ベートーヴェンによる3つのイノベーション」に焦点を当ててみましょう。ピアノ曲、弦楽四重奏、交響曲と、ベートーヴェンのつくってきた音楽は多くの人に愛されてきました。

しかし著者は、そのことを大前提としたうえで、ベートーヴェンがクラシック音楽に変革をもたらした“革命家”であった点を伝えたいというのです。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL