• 新年を迎えるための「しめ飾り」。自分で手作りしてみる?(VOGUE JAPAN)

新年を迎えるための「しめ飾り」。自分で手作りしてみる?(VOGUE JAPAN)

未分類

株式会社日本経済産業情報局の[9月15日開催]BCCマスター体験ワーク型セミナー・東京会場(セミナー・懇親会参加) 口コミが怪しい

最近、話題になっている

株式会社日本経済産業情報局の
[9月15日開催]BCCマスター体験ワーク型セミナー・東京会場(セミナー・懇親会参加)って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:VOGUE JAPAN

クラスカ ギャラリー&ショップ ドー(CLASKA Gallery & Shop “DO“)にて、2018年12月26日(水)、27日(木)、しめ飾り作りを体験するワークショップが開催される。現在、予約受付中だ。

手作りもよし、購入するもよし、日本古来の「しめ飾り」を準備しよう。

「クラスカ ギャラリー&ショップ ドー(CLASKA Gallery & Shop “DO“)」(以下、ドー)は、伝統の手仕事でつくられる工芸品からデザイナーによるプロダクトまで、今の日本の暮らしに映えるアイテムを新しい視点で集めたライフスタイルショップだ。

その「ドー」にて、今年もデザイナーでありアーティストの鈴木安一郎氏と安藤健浩氏が立ち上げたプロジェクト「ことほき」がしめ飾り作りを体験するワークショップを実施する。

しめ飾りは新年にむけて、古い年の災いを閉め出し、新しい年の神様をお迎えする清浄な場所を表す目印として用いられてきた。藁(わら)を綯(な)うという一つの手作業からなる造形のおもしろさに惹かれ、稲作文化の深さに大いに魅せられた鈴木氏と安藤氏は、以来20年、しめ飾り作りを行っている。

稲本来の姿をいかした「ことほき」のしめ飾り作りは、シンプルで潔い手仕事のちからを体感できると好評。毎年人気のイベントなので、早目の予約がベターだ。なお、ワークショップの開催以外に、販売用の商品も予定している。手作りもよし、購入するもよし、日本古来の「しめ飾り」を準備しよう。

ワークショップ「しめ飾りをつくろう」(稲わらのフォークロア・アート)
開催場所/「クラスカ ギャラリー&ショップ ドー(CLASKA Gallery & Shop “DO“)」  東京都目黒区中央町1-3-18 クラスカ(CLASKA) 2F
開催日程/2018年12月26日(水) 第1部「玉しめ飾り(小/稲穂一束)」 / 第2部「鳥お飾り」
12月27日(木) 第1部「玉しめ飾り(小/稲穂一束)」 / 第2部「鳥お飾り」
開催時間/第一部 12:00~15:00、第二部 16:00~19:00
定員/各部15名
参加費/6,480円(税込、材料費込)
・26日(水)、27日(木)の第1部はキャンセル待ちです。
・1名につきしめ飾りを1つ作るワークショップとなるため、複数人での参加の場合は、人数分の申し込みが必要。
・小さな子どもが参加する場合は、子ども1名につき大人1名の同伴要。スペースの都合上、複数人の同伴は不可。
・汚れてもよい、動きやすい服装で参加を(スカートでの参加は不可)。

予約受付/メール(do@claska.com)にて
・参加費は事前支払い(店頭レジまたは銀行振込)。申し込み後のキャンセル返金は不可。
・件名を【ことほきワークショップ参加希望】とし、本文に「参加ご希望日と部(第一部または第二部)、名前、参加人数、電話番号」を明記の上、申し込みを。折り返し、メール受付の旨と参加費振込口座の案内が返信されます。
・他詳細はHPにてご確認ください。
http://www.claska.com

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社日本経済産業情報局さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL