• 低カロリーで高たんぱく「大豆ミート」でダイエット(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))

低カロリーで高たんぱく「大豆ミート」でダイエット(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))

未分類

吉崎 佐次郎の10記事+αで上位サイトをゴボウ抜き【タクティカルアフィリエイト】 これからのアフィリエイトは、ロジカルに!したたかに!は効果なし?内容暴露

吉崎 佐次郎さんの
10記事+αで上位サイトをゴボウ抜き【タクティカルアフィリエイト】 これからのアフィリエイトは、ロジカルに!したたかに!は有名ですよね★

出典元:上左:「ひきわり蒸し大豆」(フジッコ)、下:「FAKE MEAT:ベジタリアンブッチャー チキンチャンク」(ベジタリアンブッチャージャパン)、上右:「ダイズラボ 大豆のお肉」(マルコメ)

日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新情報をお届けします。今回は、働く女性にお薦めな最新フードをご紹介しましょう。

【関連画像】なじみのお菓子にも乳酸菌

●使いやすい大豆ミートが続々登場

 大豆を使った本物の肉にそっくりな「大豆ミート」が相次ぎ登場している。

 大豆食品は、ヘルシーなたんぱく源として、女性を中心に根強く支持されている。水で戻さなくても使えるなど、従来のものに比べて使いやすく、より食感が肉に近くなった大豆ミートは今後注目を集めそうだ。

 フジッコの「ひきわり蒸し大豆」は、そのままひき肉に混ぜて使えば肉のカサ増しになり、カロリーが抑えられる。マルコメの「大豆のお肉」は搾油した大豆を使っているため、脂質が控えめ。食物繊維も豊富だ。ベジタリアンブッチャーのFAKEMEATは解凍後、通常の肉と同じように調理できる。

◆「ひきわり蒸し大豆」(フジッコ)

 ひき肉などに混ぜて使う大豆ミート。水戻しは不要。お薦めは同商品1に対し、ひき肉3の割合で混ぜること。ハンバーグの場合、肉だけに比べてカロリーを約25%下げられる。常温保存で賞味期間は90日。85g、140円(税別)。

◆「FAKE MEAT:ベジタリアンブッチャー チキンチャンク」(ベジタリアンブッチャージャパン)

 オランダで誕生した大豆ミート。塩や香料などで味つけしてある。冷凍保存で賞味期限は1年6カ月。ほかに、ハンバーガーパテなどもある。通信販売商品、120g、480円(税別)。

◆「ダイズラボ 大豆のお肉」(マルコメ)

 湯戻しや水切りは不要。写真のミンチタイプ(左)とブロックタイプ(右)のほかに、フィレタイプもある。常温保存で賞味期限は8カ月。ミンチタイプ100g、ブロックタイプ90g、ともに238円(税別、編集部調べ)。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL