• バズりまくりの「ほぼ100円飯」レシピ3つ。茶碗蒸しやピザも超カンタン(女子SPA!)

バズりまくりの「ほぼ100円飯」レシピ3つ。茶碗蒸しやピザも超カンタン(女子SPA!)

未分類

曽我 博司の安全不動産投資セミナー 口コミが怪しい

最近、話題になっている

曽我 博司の
安全不動産投資セミナーって・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:納豆と油揚げのピザ

自炊が健康にいいのはわかっているけれど、手間だし結局は材料費が高くついてしまう。揚げ物や煮物を、仕事から帰宅してやるなんて無理! そんな女性の気持ちに応えたのが、『ほぼ100円飯 家にある材料でソッコー作れる最高に楽しい節約レシピ』。

⇒【写真】レンジでミルク茶碗蒸し

「家にある材料でソッコー作れる最高に楽しい節約レシピ」というコンセプトどおり、手近な食材でパパッとできるレシピが70以上も掲載されているのです。

 著者は料理研究家のリュウジ氏。日々Twitterに投稿しているレシピが「衝撃的なおいしさ!」と評判になり、フォロワーは24万人。「その日の特売品や賞味期限間近のおつとめ品を買ってきて夕飯を作ります」といった、主婦によりそう庶民的な感覚と、イケメンぶりとのギャップに私も萌えました。

◆「100円飯」の秘密とは

 安い=おいしくない、という固定観念を払拭した「100円飯」には、いくつか特徴があります。(以下、本書より抜粋)

1 主材料は少なめです。

「肉料理なら鶏胸肉だけ、野菜料理ならピーマンだけ、といったふうに1つの素材で1品完成するものが多い」。これなら、材料を余らせたり無駄にしたりせず、食材本来の味も生かせそうですよね。

2 調味料や市販品を味方にしています。

「材料が少ない分、調味料はしっかり使う。家にある身近な調味料を駆使して中華やエスニックの味も再現できるように工夫」。めずらしい、本格的、などの理由で購入し、中途半端に余ってしまったオシャレ調味料が、我が家にもいくつかあります。そんな失敗とは、もうサヨナラしましょう。

3 メニューによっては食材の代用可能。

「メニューによるけれど、記載した材料がない場合は、他の食材に変えても問題なし」。Twitterのフォロワーたちが、メニューをアレンジして写真を送ってくれるのだとか。レシピがシンプルだからこそ、アレンジもしやすいのでしょう。これもまた、材料を無駄にしないコツかもしれません。

4 余計な工程はカットします

「ゆでるだけ、焼くだけ、調味料と和えるだけ。この本ではすべて3ステップで作れるようにしました」。これなら、洗い物も少なくてすみそうです。極限まで手間を省いたレシピで、多忙な女性も大助かりですね!

 さっそく冷蔵庫を開けて、目に入った材料でチャレンジしてみましょう。

◆レンジでミルク茶碗蒸し(1人前98円)の作り方

 まずは、栄養満点な卵料理から。電子レンジで作る茶碗蒸しです。

 ※価格は著者が購入した時の金額を記載しています。お店や地域、季節によって差がありますので、参考価格としてお考え下さい。

<材料(1人分)>

 卵  1個(18円)

 牛乳  150ml(38円)

 コンソメ(顆粒)  小さじ1

 塩  2つまみ

 ハム  2枚(42円)

 黒こしょう  適量

<作り方>

1. ボウルに卵を割り入れ、牛乳、コンソメ、塩を加えてよく混ぜ合わせる。茶こしなどでこしながら、耐熱容器に入れる。

2. ハムは細切りにし、1に加える。

3. ふんわりとラップをし、200Wの電子レンジで9分(300Wの場合は6分前後)、様子を見ながら加熱する(揺らして全体がぷるぷるしたらOK)。黒こしょうをふる。

 茶碗蒸しというと、難しそう、失敗しそう、というイメージが先にきてしまいますが、本書のレシピは超簡単。私は具材のハムをサラダチキンで代用してみました。もちろん、問題なくおいしかったです。消化もいいので、風邪気味の時にも重宝しますね。

◆納豆と油揚げのピザ(1人前148円)の作り方

<材料(1人分)>

 納豆  1パック(32円)

 油揚げ  2枚(35円)

 トマトケチャップ  大さじ1

 ピザ用チーズ  50g(81円)

 黒こしょう  適量

 納豆付属のたれ  1袋

<作り方>

1. 油揚げの表面全体にトマトケチャップを塗る。

2. 納豆をのせて広げ、チーズを散らす。

3. オーブントースターで10分焼く。たっぷりの黒こしょう、付属のたれをかけ、好みでパセリをふる。

 納豆も油揚げも常備してありますが、納豆はそのまま、油揚げは味噌汁に入れるだけ、とワンパターンになりがちなメニューに私も悩んでいました。この納豆ピザはおつまみにしてもいいですし、何より低糖質なのがうれしい。最近私、ちょっと体重が増えたので、納豆トーストの代わりにいただきました。腹持ちもいいです。

◆厚揚げのチーズ煮浸し(1人前123円)の作り方

<材料(1人分)>

 厚揚げ  150g(65円)

 麺つゆ(3倍濃縮)  20ml

 水  60ml

 溶けるスライスチーズ  2枚(58円)

<作り方>

1. 耐熱容器に厚揚げを入れる。

2. 麺つゆ、水を加え、チーズをのせる。

3. 600Wの電子レンジで2分30秒加熱する。好みで万能ねぎをのせ、七味唐辛子をふる。

 お豆腐も厚揚げになると、一気にボリュームアップ。さらにこちらも低糖質といったおまけつき。グラタンやドリアっぽいものが食べたい! でもカロリーが心配、と躊躇した時など、見た目もお腹も満足しそうではないですか。忘年会が続く、これからの季節にもぴったりですね。

 メインとなる食材は、コンビニでも買える身近なものばかり。本書には、缶詰や乾物を利用した主菜や市販品を組み合わせたデザートなど、盛りだくさんの内容となっています。

 ひらめきとアイデアで「ほぼ100円」料理が、無限の広がりを見せてくれるのです。一読し、何品か作ってみただけで、私もすっかり料理上手な気分になりました。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<文/森美樹>

【森美樹】

1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓

https://twitter.com/morimikixxx

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

曽我 博司さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL