• デジタルで進化するマーケティング、手軽な製品やサービスが続々【日経クロストレンドEXPO 2018】(日経トレンディネット)

デジタルで進化するマーケティング、手軽な製品やサービスが続々【日経クロストレンドEXPO 2018】(日経トレンディネット)

未分類

婚活成功法!10秒で心を掴む,魅惑のコミュニケーション心理学講座( セミナー録画教材) 出会った人が、直ぐにあなたを好きになる会話スキルを学ぶセミナーをライブ録画した動画です。が【あの掲示板】で話題に!評判や口コミは真実なの?

一般社団法人心理セラピー・カウンセリング協会さんが販売している婚活成功法!10秒で心を掴む,魅惑のコミュニケーション心理学講座( セミナー録画教材) 出会った人が、直ぐにあなたを好きになる会話スキルを学ぶセミナーをライブ録画した動画です。が
あの掲示板とかの板で騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

出典元:販売促進を加速する新技術や商品を扱う企業は、今どんな技術に注目し、どんな商品に注力しているのか。日経クロストレンドEXPO2018で、その一端が垣間見えた

販売促進を加速する新技術や商品を扱う企業は、今どんな技術に注目し、どんな商品に注力しているのか。その一端が垣間見えたのが、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された日経クロストレンドEXPO 2018だ。その「デジタルマーケティング&リテールゾーン」で目を引いたブースをピックアップして紹介しよう。
 ※記事下の【関連記事】から日経トレンディネットの人気関連記事をお読みいただけます

【関連画像】これが3Dセンサー。対象物までの距離だけでなく、人の身長も含めたシルエットを認識することができる

●レーザーで人物を補足&追跡する店内導線分析システム

 AI(人工知能)による画像認識技術が格段に向上したことにより、人の動線分析にその技術を応用することが主流となっている。しかしこの方法には懸念もある。不特定多数の人物が訪れるイベントや商業施設では、記録した「顔の映像」の取り扱いというデリケートな事案が発生するのだ。

 その点、スプリームシステムが出展していた「moptar(モプター)」という店内動線分析システムは、そうしたプライバシーへの配慮を気にせずにシステムを構築できるのが大きな利点と言える。「モプター」では、人の位置を認識するのに3Dステレオカメラや魚眼カメラといった撮影機器だけでなく、3D LiDARなどレーザーを使ったセンサーを用いることができるのだ。

 3D LiDARやレーザーを使用した3Dセンサーでは、人を身長やアウトラインで捉えて個別認識。毎秒1回を超える頻度できめ細かく範囲内をスキャンし、高精度で追跡し続けることができる。前述のように画像を使うわけではないので、プライバシーへの配慮は不要というわけだ。

 3Dセンサーは棚に置かれた商品も認識する。棚前行動分析システム「Reach」は、顧客が棚に陳列されたどの商品に手を伸ばしたかを分析可能だ。特殊なタグやカメラ、専用の什器が必要ない点もメリットだという。

 どちらのシステムも、センサーで得た情報をどのように解析するかという点で同じ技術を応用している。ブース内には複数のレーザーを利用した3Dセンサーが設置され、リアルタイムにブース内の人の動きを解析。特定の動きを見せた人を色分けして表示するデモを行っていた。

 同社では、これらのシステムが店舗や工場、イベント会場などにおけるマーケティングや安全管理に活用できるとしている。

いかにも
【誰でもできる】【簡単に】【誰でも効果がでる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。
全額返金保証はついてるのかな?

やらないよりはやった方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL