• ベッドでも「明日の仕事」が頭から離れないときはどうする? すぐに実践できる「睡眠スキル」(ライフハッカー[日本版])

ベッドでも「明日の仕事」が頭から離れないときはどうする? すぐに実践できる「睡眠スキル」(ライフハッカー[日本版])

未分類

植村 拓真のビジコメ実践スクールコース 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

植村 拓真の
ビジコメ実践スクールコースについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:ベッドでも「明日の仕事」が頭から離れないときはどうする? すぐに実践できる「睡眠スキル」

『かつてないほど頭が冴える! 睡眠と覚醒 最強の習慣』(三島和夫著、青春出版社)の著者は本書冒頭において、睡眠について間違った常識が広まっているのではないかと危惧しています。

【画像】ベッドでも「明日の仕事」が頭から離れないときはどうする? すぐに実践できる「睡眠スキル」

眠っている間というのは、ただ「スイッチオフ」になっているわけではありません。 「脳と体を休める」 「成長ホルモンを分泌して骨や筋肉の成長を促す」 「免疫力を高める」 「ストレスを解消する」 「記憶を脳に刻み整理する」 など、脳や体に欠かせないメンテナンスをしているのです。 (「はじめに」より)

しっかりメンテナンスされると、「朝、すっきり目がさめる」「頭が冴える」という質の高い「覚醒」がもたらされるわけです。

いわば「睡眠」と「覚醒」は、一方がよければもう一方もよくなる、逆に一方が悪ければもう一方も悪くなるという、切っても切れない関係にあるということ。

そして重要なのは、何度かに分けてではなく、一度にまとめて眠ることなのだといいます。睡眠時間を削って時間を捻出しようとする方も多いかもしれません。

しかし、やらなくてはいけないこと、やりたいことを優先して余った時間に眠る生活だと、どうしても睡眠が犠牲になってしまうもの。

そうした「睡眠負債」がたまると、仕事は勉強の能率は上がらず、中長期的には病気のリスクが高まることもあるといいます。

「最初に、自分にとって必要な睡眠時間を確保する」ようにすると、質の高い睡眠をとれます。 短時間睡眠法などという非科学的な幻想は捨ててください。

時計は0時から始まるように、一日を「質の高い睡眠」から始める。自分にとって必要な睡眠を、まず一日の始めに確保する。ぜひ、そこからスタートしていただきたいと思います。(「はじめに」より)

睡眠に関する疑問にQ&Aスタイルで答えている5章「ベスト・コンディションに導く実践・睡眠スキル」のなかから、「寝苦しさ」に関する項目を抜き出してみることにしましょう。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL