• 「よなよなエール」のヤッホーの課題に“マーケティングの鉄人”がライブで挑む まさかの即興曲も披露(日経トレンディネット)

「よなよなエール」のヤッホーの課題に“マーケティングの鉄人”がライブで挑む まさかの即興曲も披露(日経トレンディネット)

未分類

惚れ薬『女性のこころをあなたに引き付ける特効薬』SAYAKAの新時代のあまりにも卑怯な恋愛術シリーズ、『7つの女性感情をあやつり女性のこころをあなたに引き付ける特効薬』SAYAKAメソッド・乙女の感情と心理学 と プロファイリングから確立された 恋愛術の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

株式会社ナミリスダイナミックバンクの
惚れ薬『女性のこころをあなたに引き付ける特効薬』SAYAKAの新時代のあまりにも卑怯な恋愛術シリーズ、『7つの女性感情をあやつり女性のこころをあなたに引き付ける特効薬』SAYAKAメソッド・乙女の感情と心理学 と プロファイリングから確立された 恋愛術が、
とても気になっているんですよね。

出典元:西友やドミノ・ピザでユニークな企画を連発したイトーヨーカ堂の富永朋信氏と、ヒットCMの仕掛け人として知られるエステーの鹿毛康司氏が課題解決に挑んだ

トップマーケターが目の前の課題をどれだけ深く考え、どのような思考プロセスで解決策を見いだしているのかをライブで体験――。2018年11月28日、「日経クロストレンドEXPO 2018」のなかで行われた「マーケティングの鉄人」だ。

【関連画像】課題企業としてヤッホーブルーイング マーケティングディレクターの稲垣 聡氏が登壇。ヤッホーおよびクラフトビール市場の現状をプレゼンした

 課題に挑戦する“鉄人”として登場したのは、西友やドミノ・ピザでユニークなコミュニケーション企画を連発したイトーヨーカ堂の富永朋信氏(営業本部 本部長補佐)と、「消臭力」などヒットCMの仕掛け人として知られるエステーの鹿毛康司氏(執行役エグゼクティブ・クリエイティブディレクター)。

 初めての開催となった昨年は2人の鉄人が同じテーマを別々に考える対決方式だったが、今回は2人が議論しながら解決策を導いていく形となった。実在するブランドや商品が課題のテーマになっている点もこのイベントのポイント。

 今回は看板商品「よなよなエール」を軸に、大手4社が圧倒的なシェアを占めるビール業界で増収増益を続けるクラフトビールメーカートップのヤッホーブルーイング(以下、ヤッホー)が登場。ファンマーケティングで成功している企業だけに、鉄人からは「もはやわれわれから提案することはないのでは?」と不満の声が上がった。
 ※「ヤッホー社長が語る廃業危機 星野リゾート社長の一言で涙の発奮(https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00062/00001/)

●冒頭の質問タイムから予想もつかない展開に

 まずは課題企業に対する質問タイムからスタート。しかし、冒頭から富永氏が今回の課題「ヤッホーが2020年代にビール市場のシェア1%(売り上げ200億円規模)を獲得するためのマーケティングプラン」に対し、「目標が違うのでは?」と疑問を呈する意外な展開に。「オリジナルな世界観があるのだから、他のビールメーカーと同じ土俵に立たないほうがいい」と富永氏。

 一方、鹿毛氏は「新たなビール文化を創出する」という同社のミッションにかみついた。「ビール文化って何? ビールの種類が多いことが文化なの? 大手のビールにだって文化はあるんじゃないの?」と鋭いツッコミの連発で質問タイムが終了。ここでヤッホーの稲垣聡氏が降壇し、鉄人2人だけの戦略タイムになだれ込んだ。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL