• アドリブだった!『フラーハウス』ステフがバイセクシャルを告白した裏側(コスモポリタン)

アドリブだった!『フラーハウス』ステフがバイセクシャルを告白した裏側(コスモポリタン)

未分類

株式会社ムービーバンクのSMM戦略的ムービーマーケティング 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社ムービーバンクの
SMM戦略的ムービーマーケティングについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:Getty Images

現在、Netflixで配信中のドラマ『フラーハウス』。オルセン姉妹の名を世界的に知らしめた人気ドラマ『フルハウス(1987年に放送開始)』のスピンオフシリーズで、ほとんどのオリジナルキャストが出演していることでも話題! 現在はシーズン4までが配信されているのだけれど、ここへきて初めて主要キャストの一人がバイセクシャルであることが判明。

【写真4枚】もう隠さない…!今年「カミングアウト」したセレブたち

一家の長女であるDJ(キャンディス・キャメロン・ブレ)を中心にしたストーリーが描かれている『フラーハウス』。その妹であるステファニー・タナー(ジョディ・スウィーティン)こそ、第8話でバイセクシャルをカミングアウトした本人。それも、「街の最優秀獣医」を発表するという、恋愛にはまったく関係のないシーンだったそう。

ストーリーはこう。獣医師であるDJは、「街の最優秀獣医」の受賞を狙っていたものの、元彼マットに敗北。そこに同席していたのが次女のステフで、姉を励そうと言葉をかけつつ、さらっとカミングアウト。
「マットが受賞するなんて信じられないわ。彼のクリニックなんて、3週間しか開いてなかったのに。私が女の子と付き合っていた期間の方が長いわ」

ステフの発言に「…え? どういうこと!?」と驚くDJ。その反応にステフも笑い出してしまう始末。出演者たちのあまりにリアルな演技が話題になったけれど、実はこのシーン、ステフを演じるジョディによるアドリブだったんだそう!

「このシーンって、アドリブ? 教えて!」というファンの質問に対し、DJを演じるキャンディスは「そう! 最後のテイクで、ジョディがセリフを変えたの。まったく予想してなかったから、あのリアクションは本物よ」
本来のセリフではなかったということでお蔵入りしてもおかしくなかったこのシーン。 あえて使用したのには意図があったよう。<Advocate>のインタビューに答えた脚本家の一人ニコラス・ファシテリによれば、今後ステフのセクシャリティについて描かれる可能性があるとのこと。

「番組の中で、ステファニーは最も自由奔放なキャラクター。その彼女が、女性と交際していたと言っているのであれば、それは真実だと思いますよ。『フルハウス』でのジェシーおじさんがそうであったように、この家族の魅力をさらに際立たせるのがステファニーです。まだシーズン5への更新は確定していませんが、今後の話し合いによっては、彼女のセクシャリティについて描かれることになるでしょう」

保守的だと言われていた『フルハウス』に対して、ステファニーにガールフレンドがいたことが判明したり、ゲイであるケイシーが登場するなど、より現代的に進化している『フラーハウス』。今後のストーリー展開が楽しみ!

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL