• 株価の「弱気相場」とは何か? いつ終わるのか?(ライフハッカー[日本版])

株価の「弱気相場」とは何か? いつ終わるのか?(ライフハッカー[日本版])

未分類

情報販売バカ売れマニュアル ~ たった1クリックで即起業!簡単、手軽に稼ぎやすい~の効果が気になる!体験ブログの口コミ

株式会社インフォプロモーションさんが出してる情報販売バカ売れマニュアル ~ たった1クリックで即起業!簡単、手軽に稼ぎやすい~が注目されてて
私も気になってます。(^^)ゞ

ただ、ちょっと口コミとかが
ヤラセっぽく感じるくらい大げさなような・・・

出典元:株価の「弱気相場」とは何か? いつ終わるのか?

AppleやMicrosoftなどの大手テック企業も上場している、世界最大の新興企業向け株式市場であるナスダック(NASDAQ)の総合指数が、12月21日の引け際で「弱気相場(下げ相場、ベアマーケット)」に入りました。

【画像】株価の「弱気相場」とは何か? いつ終わるのか?

弱気相場とは、過去1年の最高値から20%以上の下落を意味する言葉です。The Wall Street Journalはこの下落の原因を、「連邦準備制度理事会の利上げペースや、米経済の健全性、現実味を帯びつつある政府機関の一部閉鎖など、さまざまな不安材料」としています。

ダウ平均株価とS&P 500も同じく下落していますが、今のところ弱気相場のレベルにまでは下がっていません。

ロイターによれば、小型株指数のラッセル2000とS&P 600も少し前から弱気相場に入っていることが確認されているそうです。もし今年、全面的に株価が20%下がれば、大不況のさなかに始まった史上最長の強気相場(上げ相場、ブルマーケット)も、終わりを迎えることになります。

「New York Times」によれば、弱気相場は過去20年間で2回しか起きていないそうです。1回は2000年、ITバブルの崩壊と連動して起こりました。もう1回は2007年、まだ私たちの記憶に新しい世界金融危機とともに起こりました。

ロイターによると、ナスダック総合指数は「(この記録的な長さの強気相場を通して、)2009年3月9日のポスト金融危機の安値から539%以上の上昇を記録した。配当再投資も含めると、この期間に611%以上ものトータルリターンがもたらされた」そうです。そのため、今回の下落にもかかわらず、その水準は今でも2009年の安値を400%上回っています。

読者のみなさんや筆者のような一般の個人投資家が気をつけるべきこと、それは、パニックを起こさないようにすることです。市場にとどまるべきです。とはいえ、いったん弱気相場が始まると、人はつい反対の行動をとってしまいがちです。パニック売りの動きが高まると、相場はさらに弱気になってしまいます。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL