• 遠方に住む老親の孤食問題。親に作り置きを届ける「親つく」を上手にこなすコツ(ライフハッカー[日本版])

遠方に住む老親の孤食問題。親に作り置きを届ける「親つく」を上手にこなすコツ(ライフハッカー[日本版])

未分類

モチベーション持続術が【あの掲示板】で話題に!評判や口コミは真実なの?

森田 毅さんが販売しているモチベーション持続術が
あの掲示板とかの板で騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

出典元:遠方に住む老親の孤食問題。親に作り置きを届ける「親つく」を上手にこなすコツ

人口の3割弱が65歳以上という超高齢社会の日本。一人暮らしのお年寄りも約600万人いるといわれ、孤食がもたらす偏食・栄養失調の問題がクローズアップされています。

【記事の全画像】遠方に住む老親の孤食問題。親に作り置きを届ける「親つく」を上手にこなすコツ

そんな一人暮らしの老親の孤食の弊害をなくそうと、子どもが親に作り置いた食事を届けることが一般化しつつあります。

料理教室『アトリエ・グー』を主宰し、「グー先生」の愛称で親しまれている林幸子さんも、その1人。遠くに住む実家の母にはクール便でおかずを送り、隣県に住む夫の母には、つまめる料理や手作りスイーツを持参しており、それが20年あまり続いているそうです。いわば、親向けの作り置き(「親つく」)のエキスパート。周囲からよく「親つく」の秘訣を聞かれるそうです。

林さんが、それまでの経験で得た知識、そして「親つく」向けのレシピをまとめたのが、9月に大和書房より刊行された『介護じゃないけどやっぱり心配だから 親に作って届けたいつくりおき』です。様々なレシピ以外に、「親つく」に便利な小ワザ・コツも網羅されており、子ども世代には参考になります。

今回は本書から、「親つく」のコツをいくつか紹介したいと思います。

いかにも
【誰でもできる】【簡単に】【誰でも効果がでる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。
全額返金保証はついてるのかな?

やらないよりはやった方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL