• 「鍋料理は太らない」は間違い。鍋ダイエット5つの鉄則(女子SPA!)

「鍋料理は太らない」は間違い。鍋ダイエット5つの鉄則(女子SPA!)

未分類

シックスセンスバイナリー(株式会社トルネコ)の悪評のレビューあり?

シックスセンスバイナリーを販売している
株式会社トルネコさん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:(女子SPA!)

こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 温かい鍋料理が身に染みる季節ですね。鍋と言ったらヘルシーで、罪悪感なくモリモリ食べられるところも魅力のひとつです。

 ところが、鍋料理率が高いのに、「ダイエットに役立つどころか逆に太った気がする」なんて声も。そう、鍋を食べるときというのはいくつかのルールを守る必要があるのです。

 今回は、鍋料理で太らないためルールについてお話ししていきたいと思います。

◆ゴマだれ派はポン酢にシフト

 鍋のなかで肉や魚の脂を落としたものの、そのあとにつけるこってりした油分たっぷりのゴマだれでカロリーを摂ってしまってはもったいないです。濃厚で美味しいのですが、ほとんどの市販のごまだれは100gあたり約300kcalと意外と高カロリー。ダイエットを意識するなら、さっぱり低カロリーなポン酢を選ぶのが正解!

 もしくは、出汁にしっかりと味がついた鍋にし、たれはつけずに食べるのもよいでしょう。

◆キノコと根菜を多めに

 グツグツと食材を煮るため、白菜や春菊などの葉菜類はクタクタ。噛み応えにはあまり期待できません。これでは、量をたくさん食べてしまう恐れがあるので、噛み応えがあってかつ低カロリーなキノコ類や根菜を多めに入れましょう。

 満腹感が得やすくなることに加えて、よい出汁がでて鍋のうま味がアップ。食物繊維によって腸内環境を整えたり、体を温めて免疫力を高めたりする効果にも期待できます。

◆春雨は糸こんにゃくで代用

 春雨はでんぷんを原料として作られており、炭水化物であることをご存じでしょうか? それゆえ、カロリーもそれなり。ダイエット食品というイメージを持っていた方にとっては衝撃的ですよね。

 鍋にツルッとした春雨の食感は欠かせないという方は、ほぼノンカロリーな糸こんにゃくで代用してみて。

◆脂たっぷりの〆のご飯はガマン

 鍋で太る理由のひとつには、最後の〆のご飯の存在があげられます。具材をグツグツ煮たことにより出汁に溶けだした脂たっぷりの雑炊……。味は抜群に美味しいのですが、カロリーを考えたら控えたいところ。

 どうしても〆を食べたいときは、ご飯よりも脂を吸いにくいうどんを選んだ方がよいでしょう。

◆日本酒なら1合まで

 鍋を食べるとき、「何を飲むか」も意識したいところです。せっかくヘルシーな鍋にしたのに、アルコールでカロリーを摂りすぎてしまっては元も子もありません。

 アルコールは、1mlあたり約7kcalと意外と高カロリー。ビールなら500ml、日本酒なら1合、ワインなら240mlが血糖値を上げすぎないための適量だと言われているので、飲みすぎには注意しましょう。

 冬は、外食や飲酒の機会が増えて体重の維持が難しくなる季節。鍋を上手に取り入れて、スタイルキープに役立てちゃいましょう。

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、

Instagram:saori_takagi

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:(女子SPA!)

こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 温かい鍋料理が身に染みる季節ですね。鍋と言ったらヘルシーで、罪悪感なくモリモリ食べられるところも魅力のひとつです。

 ところが、鍋料理率が高いのに、「ダイエットに役立つどころか逆に太った気がする」なんて声も。そう、鍋を食べるときというのはいくつかのルールを守る必要があるのです。

 今回は、鍋料理で太らないためルールについてお話ししていきたいと思います。

◆ゴマだれ派はポン酢にシフト

 鍋のなかで肉や魚の脂を落としたものの、そのあとにつけるこってりした油分たっぷりのゴマだれでカロリーを摂ってしまってはもったいないです。濃厚で美味しいのですが、ほとんどの市販のごまだれは100gあたり約300kcalと意外と高カロリー。ダイエットを意識するなら、さっぱり低カロリーなポン酢を選ぶのが正解!

 もしくは、出汁にしっかりと味がついた鍋にし、たれはつけずに食べるのもよいでしょう。

◆キノコと根菜を多めに

 グツグツと食材を煮るため、白菜や春菊などの葉菜類はクタクタ。噛み応えにはあまり期待できません。これでは、量をたくさん食べてしまう恐れがあるので、噛み応えがあってかつ低カロリーなキノコ類や根菜を多めに入れましょう。

 満腹感が得やすくなることに加えて、よい出汁がでて鍋のうま味がアップ。食物繊維によって腸内環境を整えたり、体を温めて免疫力を高めたりする効果にも期待できます。

◆春雨は糸こんにゃくで代用

 春雨はでんぷんを原料として作られており、炭水化物であることをご存じでしょうか? それゆえ、カロリーもそれなり。ダイエット食品というイメージを持っていた方にとっては衝撃的ですよね。

 鍋にツルッとした春雨の食感は欠かせないという方は、ほぼノンカロリーな糸こんにゃくで代用してみて。

◆脂たっぷりの〆のご飯はガマン

 鍋で太る理由のひとつには、最後の〆のご飯の存在があげられます。具材をグツグツ煮たことにより出汁に溶けだした脂たっぷりの雑炊……。味は抜群に美味しいのですが、カロリーを考えたら控えたいところ。

 どうしても〆を食べたいときは、ご飯よりも脂を吸いにくいうどんを選んだ方がよいでしょう。

◆日本酒なら1合まで

 鍋を食べるとき、「何を飲むか」も意識したいところです。せっかくヘルシーな鍋にしたのに、アルコールでカロリーを摂りすぎてしまっては元も子もありません。

 アルコールは、1mlあたり約7kcalと意外と高カロリー。ビールなら500ml、日本酒なら1合、ワインなら240mlが血糖値を上げすぎないための適量だと言われているので、飲みすぎには注意しましょう。

 冬は、外食や飲酒の機会が増えて体重の維持が難しくなる季節。鍋を上手に取り入れて、スタイルキープに役立てちゃいましょう。

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、

Instagram:saori_takagi

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL