• アップ・キューの中澤氏、元FREETELの増田氏が失敗から学んだこと 佐野正弘の“日本的”ケータイ論(日経トレンディネット)

アップ・キューの中澤氏、元FREETELの増田氏が失敗から学んだこと 佐野正弘の“日本的”ケータイ論(日経トレンディネット)

未分類

FX環境認識ブルーBOX 環境認識が無裁量!今までなかった待望のMT4インジケーター! 外国為替証拠金取引 手法 ロジック デイトレード スキャルピング チャートの噂と実践者の口コミ

FX環境認識ブルーBOX 環境認識が無裁量!今までなかった待望のMT4インジケーター! 外国為替証拠金取引 手法 ロジック デイトレード スキャルピング チャートが
話題になっているけど知ってますか?

●CHとかでも
スレが多くなってきて、いろんな噂が飛び交っている感じです。

出典元:かつて国内に数社あった低価格スマートフォンのベンチャー企業も近年は少なくなった。ところが2019年に入って、UPQ、元FREETEL社長が設立した新会社が相次いで新製品を発表。スマホ市場復帰の兆しを見せている

かつて国内に数社あった低価格スマートフォンのベンチャー企業の多くは、さまざまなトラブルが原因で姿を消した。ところが最近、そうしたベンチャー企業に携わっていた人たちが相次いで新製品を発表し再起を図ろうとしている。

【関連画像】卓上フードスモーカー「REIKUN-Dome」を発表したUPQの中澤氏。クラウドファンディングで出資を募るという

●格安スマホのベンチャーに相次いだトラブル

 MVNO(仮想移動体通信事業者)が「格安スマホ」として脚光を浴びた2015年頃、よく話題に上っていたのが低価格のSIMフリースマートフォンを提供するメーカーだ。ファーウェイのように市場に受け入れられた企業がある一方で、姿を消した、あるいは見かけなくなった企業も少なからずある。

 その1つがUPQ(アップ・キュー、東京・千代田)。同社は、かつてカシオ計算機で携帯電話の開発を手掛けていた中澤優子氏が立ち上げた家電ベンチャーで、デザインやコンセプトにこだわった家電機器で注目された。

 しかし、UPQが15年に発売したスマートフォン「UPQ Phone A01」は、技術基準適合認定を取得していなかったために全て回収する騒ぎとなった。また16年発売の「UPQ Phone A01X」では発火事故が起こり、消費者庁への報告が遅れたことで厳重注意を受けている。さらに同社は4Kディスプレーでもスペックの誤記で混乱をもたらすなど立て続けに問題を起こし、急速に勢いを失っていった。

 また、デルなどでスマートフォン開発を手掛けていた増田薫氏が設立したプラスワン・マーケティング(東京・港)も消えた企業の1つだ。同社は、「FREETEL」のブランドで低価格な端末を国内外に販売する一方で、MVNOとして通信サービスも提供していた。

 ところが、MVNOの市場競争が激化したことで経営が悪化。17年にMVNO事業を楽天に譲渡したものの業績は改善せず、民事再生法の適用を申請するに至っている。その後、「FREETEL」のブランドとハードウエア事業はMAYA SYSTEM(マヤシステム、東京・新宿)に譲渡され、増田氏は自己破産した。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL