• ジェニファー・アニストンの一言で、ドラマ『フレンズ』の復活説が急浮上(コスモポリタン)

ジェニファー・アニストンの一言で、ドラマ『フレンズ』の復活説が急浮上(コスモポリタン)

未分類

3億円トレーダー飯田晃市の伝説のFX合宿をつくった株式会社ライフの真実!ネタバレとレビュー

株式会社ライフさんがつくった
3億円トレーダー飯田晃市の伝説のFX合宿がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:GETTY IMAGES

『フルハウス』や『ビバリーヒルズ青春白書』など、人気ドラマのリブート作品が続々と発表されている昨今。ところがドラマ『フレンズ』に関しては、キャストやスタッフが度々リブートを否定するな望みは薄いと考えられてきた。そんな中、同作の主要キャストのひとりであるジェニファー・アニストンが、リブートの可能性を示唆したことが話題に!

【写真】『フレンズ』の主要キャストがもらっていた衝撃のギャラ金額

ニューヨークを舞台に、6人の仲良しグループが家族のように暮らす日常を描いた大ヒットドラマ『フレンズ』。同作は2003年に最終シーズンが放送され、惜しまれながらも完結に至った。その後、幾度となくリブートの噂が持ち上がるも、キャストたちが乗り気でない様子が伝えられてきた。

例えば、チャンドラーを演じたマシュー・ペリーは「復活した作品を誰も観てくれないっていう悪夢をよく見るんだ。あの最終話を超えることはできないんだよ」とコメントし、ロスを演じたデヴィッド・シュワイマーも「もう、あの時代は終わったんだよ」と話していた。また、ジョーイを演じたマット・ルブランクは、「そもそもあのドラマは、“20代”という学校を卒業したものの、まだ人生を理解しきってない若者の話だから」という理由から、時間が経った今リブートするのは適切でないと明かしていた。

一方で、キャストの中でも女性陣は前向きな発言が多く、フィービー役のリサ・クドローは、「もしリブートができたら楽しいでしょうね」と話していたり、モニカ役のコートニー・コックスも、「(今の年齢で)どんなストーリーになるのか想像もつかないけれど、あのメンバーとまた仕事ができるのであれば、なんでもするわ」とコメントしていた。

そんな中、 レイチェルを演じたジェニファー・アニストンが、先日出演したトークショー『エレンの部屋』で、リブートの可能性を示唆。

「あなたには前にも言ったけど、『フレンズ』のリブートはしたいわ。女性陣は同じ気持ちだし、男性陣だって同じよ。可能性は無限大よ」

これまであまり乗り気でない様子だった男性陣だけれど、ジェニファーの言うとおりリブートが全員の願いなのであれば、ファンにとってこれほど嬉しい報告はないはず。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL