• 効率UP、気分転換、自分磨き コワーキングのススメ(日経doors)

効率UP、気分転換、自分磨き コワーキングのススメ(日経doors)

未分類

一色真宇のカウンセリング動画【ケースA9 母親が愚痴ばかりで愛情をもらえなかった】のネタバレと体験談

株式会社アクエリアス・ナビの
一色真宇のカウンセリング動画【ケースA9 母親が愚痴ばかりで愛情をもらえなかった】が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:普段は違った環境で働く人々が、同じ空間で、ときにつながりながら働く場「コワーキングスペース」。施設によって設備もサービスもさまざまですが、共通しているのは、会社や自宅といった「日常」に縛られず、特色ある空間で自由な働き方ができること。女性に…

普段は違った環境で働く人々が、同じ空間で、ときにつながりながら働く場「コワーキングスペース」。複合機や会議室あり、専用デスクあり、ロッカーあり、託児所あり……など、施設によって設備もサービスもさまざま。共通しているのは、会社や自宅といった「日常」に縛られず、特色ある空間で自由な働き方ができること。女性にも使いやすい、東京都内の施設を2つ取材しました。

 一つ目は、コワーキングスペース「BIZcomfort大森山王」。2019年6月1日にオープンしたばかりで、コンセプトの一つに「女性向け」があり、子連れでの仕事も実現できる設計になっています。WOOC(ウォーク)が運営。

 ロケーションは、JR「大森」駅から徒歩1~2分という好立地です。6階建ての新築ビルの地下1階に「子供用プレイルーム」と「カルチャーサロン」、1階にレンタルキッチンやミシンを備えた「ホビースペース」。2階がフリードリンク&フリーWi-Fi完備の「ワークブース」となっています。シート数は114席と広々。

 できたばかりの広々スペースに足を踏み入れて、驚き。なんといっても、新しくてキレイ。それにオシャレ。コワーキングスペースって、もっと味気ない事務所っぽい空間と思っていた筆者には、新鮮でした。

 このスペースのインテリアコンセプトは「Botanical Garden(植物園)」で、ワークブースのインテリアカラーはグリーンで観葉植物があふれています。一人でも心地よく、仕事がはかどりそう。子ども用プレイルームのオブジェや壁紙のイラストには動物や緑が配色されています。

 利用料金は、ドロップインで1日1000円。1時間なら300円。ドロップインでも、無制限に利用できるというハードルの低さが魅力的です。もし、もっとヘビーに利用したい、という場合は、月額プランを選んだ方がおトクかも(月額2000円~)。

 ちまちま作業をして体ががちがちに凝ってしまったら、地下1階のフィットネススタジオに行くもよし。ヨガマットが完備されており、ヨガでリフレッシュしてもいいですね。至れり尽くせりです。

 料理が好きならば1階のレンタルキッチンで、料理教室や、食事つき女子会開催も楽しそうです。ここでなら、フォトジェニックな写真もうまく撮れそう。ホビースペースではミシンも使えます。ミシンは家にないけれど、使いたい機会がたまにある、というときはこちらを利用するというのも手です。

 WOOCによれば、コワーキングスペースは、中古物件を活用する例が多く、新築物件として展開するのはレアだそう。ちなみに3階から5階は、同社運営のレンタルオフィス「BIZcircle大森山王」で、完全個室空間にマイオフィスを持ちたい、と考える人にはこちらのほうがよさそうです。

 コワーキングスペースの「BIZcomfort大森山王」、レンタルオフィスの「BIZcircle大森山王」、いずれの場合でも、地下1階にいるコンシェルジュを通し利用します。

 仕事や作業のイメージの強いコワーキングスペースですが、「BIZcomfort大森山王」はクリエイティブやホビー活動にも打ち込めるサービスにあふれていました。

 全国に48施設展開しているBIZcomfortはどこもコンセプトが異なるのが特徴です。3月に開業した「BIZcomfort横浜元町」は潜水艦がモチーフ、「BIZcomfort京都四条烏丸」はワークブースにほりごたつ。「BIZcomfort千葉駅前」はパリの街角にあるビストロをイメージしたそうです。毎回、違う拠点を利用するというのも楽しそうですね。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL