• あっこゴリラ 日経ウーマンMV曲『余裕』に込めた思い(日経doors)

あっこゴリラ 日経ウーマンMV曲『余裕』に込めた思い(日経doors)

未分類

岸本 泰輔の【恋愛経験なし・ブサ男・素人童貞】など 19人中 17人に彼女ができ 9人が結婚した!『婚活プラチナ倶楽部』は効果なし?内容暴露

岸本 泰輔さんの
【恋愛経験なし・ブサ男・素人童貞】など 19人中 17人に彼女ができ 9人が結婚した!『婚活プラチナ倶楽部』は有名ですよね★

出典元:読売テレビの番組企画で誕生した日経WOMAN編集部のミュージックビデオに、自身の楽曲『余裕』を提供してくれたラッパー・あっこゴリラさん。最新EP『ミラクルミー』の中では「自己肯定感爆アゲ」をテーマにした楽曲を発表しているものの、かつては「自…

読売テレビの番組企画で誕生した日経WOMAN編集部のミュージックビデオに、自身の楽曲『余裕』を提供してくれたラッパー・あっこゴリラさん。最新EP『ミラクルミー』の中では「自己肯定感爆アゲ」をテーマにした楽曲を発表しているものの、かつては「自己肯定感が地にめり込むほど低かった」と語ります。

【関連画像】女性のみのMCバトル「CINDERELLA MCBATTLE」で優勝し、一躍注目される。

考え方が変わったヒントはどこにあるのでしょうか? 自己肯定感、フェミニズム、そして音楽。彼女を形作るキーワードを基に、その人生をひもときます。※ミュージックビデオの動画は4月30日までの期間限定公開です。

JASRAC許諾第9023421002Y45038号

●私は「才能がない側」の人間だった

 現在31歳のあっこゴリラさんが音楽活動を始めたのは20代前半。同じ美容専門学校に通っていた女友達と2人組のバンドを結成し、小学校時代に遊びで経験していたドラムを担当。「シンガーソングライターのボーカル」と「ドラム」という2人組で活動するうちに「才能がある側とない側」でポジショニングされているように感じた。

「『私はダメなんだ』と思っているうちに、言いたいことが言えなくなって、自分の意思や本当の感情もまひして分からなくなる。バンドが活動休止したときは、心が壊れている状態に近かったですね。誰にも認めてもらえない、居場所がない、自分も人も信じられない。その自分の気持ちの確認作業をするように、『愚痴のラップ』を始めました」

 これまでため込んでいたものを解放するように、誰に聞かせるわけでもなく、彼女はラップの宅録(自宅での録音)を始め、自分の思いをラップを通して確認していった。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

関連記事