• 忘れ物が多い、優先順位をつけられない。発達障害かも?という人のハック術(ライフハッカー[日本版])

忘れ物が多い、優先順位をつけられない。発達障害かも?という人のハック術(ライフハッカー[日本版])

未分類

合同会社テグーの森下式腰楽救急箱 口コミが怪しい

最近、話題になっている

合同会社テグーの
森下式腰楽救急箱って・・・
なんだか怪しくないですか?

発達障害に悩む方は、決して少なくないのではないでしょうか?

『発達障害かも? という人のための「生きづらさ」解消ライフハック』(姫野 桂 著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者も、2018年の春に発達障害と診断されたのだそうです。

発達障害には、主に、

・衝動性や不注意の多いADHD(注意欠如・多動性障害)

・コミュニケーションに困難が生じ、独特なこだわりを持ち反復行動を好むASD(自閉症スペクトラム)

・知的な問題はないのに読み書きや計算が難しいSLD(限局性学習障害)

の3つがあります(そのほか、チック症や吃音症も発達障害の一種に含まれます)。(「はじめに」より)

これらは生まれつきの脳の特性であり、「得意なことと苦手なことの差が激しい」という特徴があるといいます。

なお、ASDが濃い人がいればADHDが濃い人もいるなど、特性の濃度は人それぞれ。

著者の場合は、繰り上がり・繰り下がりのある暗算や%の計算がぱっとできない算数のSLDがもっとも顕著で、その次に不注意優勢のADHDの特性があり、ASDは傾向がある程度なのだとか。

ちなみに本書は、発達障害を持つ人に向けた「ハックの本」だそう。

「発達ハック」=「苦手なことを工夫で乗り越えること」を目的として、たとえば「書類のケアレスミス対策」「電話対応をスムーズにする方法」など、日常生活に役立てることのできる多くのハックを紹介しているわけです。

きょうは第2章「『仕事』をやりやすくするハック」のなかから、いくつかを抜き出してみたいと思います。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

合同会社テグーさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

関連記事