• 未来(今)を予言したと話題の『コンテイジョン』をSTAY HOMEで観よう!(VOGUE JAPAN)

未来(今)を予言したと話題の『コンテイジョン』をSTAY HOMEで観よう!(VOGUE JAPAN)

未分類

酒匂 敏郎の心の状態をコントロールする方法は効果なし?内容暴露

酒匂 敏郎さんの
心の状態をコントロールする方法は有名ですよね★

出典元:(c)Claudette Barius/(c)Warner Bros/courtesy Everett Collection

2011年の公開時には、スティーブン・ソダーバーグ監督が豪華スターを揃えて謎のウィルス発生による病気の蔓延を描いたSFパニック映画だった。ところが、新型コロナウィルス、COVID-19によるパンデミックの恐怖に世界が恐れおののく2020年の今、この映画は突如、現実を踏まえたディザスター映画に変化した。もう絵空事ではないのが怖い。

ウイルスよりも急速に感染していく恐怖に豪華キャスト【写真】

映画は一人のアメリカ人女性ベス(グウィネス・パルトロウ)が、香港の空港で咳き込みつつ電話をするシーンから始まる。続いて香港の雑踏の中で、若者が熱でふらつきながら車道に倒れこむところを見せる。ここに「2日目」の文字が出て、ドラマの進行に日にちを重ねていく。

ミネアポリスの自宅に帰ったベスは発熱、発作をへて、運ばれた病院で突然亡くなり、まだ幼い息子も似た症状で死んだ。残された夫のミッチ(マット・デイモン)は隔離されて調べられるが、妻を死なせた病原菌に対して免疫があることが判る。彼の前妻との間に出来た娘にも免疫があるらしいが、実際には不明だ。この間にも謎の病気の感染者の数は増え続け、医療機関によるベスの感染経路の追跡調査が始まった。

DHS(国土安全保障省)の職員は生物兵器によるテロを疑い、CDC(疾病予防管理センター)のエリス・チーバー博士(ローレンス・フィッシュバーン)は、事実確認のためにエリン(ケイト・ウィンスレット)をミネアポリスに派遣する。彼女の調査でベスが発生源というところまで行きつくが、エリン自身が感染に倒れたことで、ベスがどこで、何から感染したかはわからない。治療薬の開発には時間がかかると想定され、ハイウェイや州境は封鎖されている。この間にも感染者が倍増、スーパーやドラッグストアが襲われている、というような描写が怖い。明日は我が身かもしれない。

ブログでレンギョウを使った薬の使用で自分の感染が治ったと書いて大儲けするフリーライターのアラン(ジュード・ロウ)の姿もリアルだ。医療関係者は発生源を突き止めて治療法を研究。自らを犠牲にしながら治療薬の開発に命を懸けるが、その一方にはこの混乱を利用して金もうけに走る者もいれば名前を売りたがる者もいる。感染の進行とともに買い占めが起こり、暴動が起き、ゴミの山が出来て都市は荒廃し、崩壊する。ドラマの進行にあわせて8日目、14日目というように100日すぎまで日にちが出て最後を締めくくるのが最初に戻って1日目。このとき観客は真の発生源を目にすることになる。悪夢とはこんな形で何気なく発生する!

『コンテイジョン』スティーブン・ソダーバーグ監督(2011)
Netflix、Amazon Prime、U-NEXTなどで配信中

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

関連記事