• キャサリン妃、TV番組出演でジョージ王子自宅学習の様子もチラリ(25ansオンライン)

キャサリン妃、TV番組出演でジョージ王子自宅学習の様子もチラリ(25ansオンライン)

未分類

【出会い系アプリ向け】文章を書けなくても素敵な人と出会える自己PR文の作り方(立間 康司)の悪評のレビューあり?

【出会い系アプリ向け】文章を書けなくても素敵な人と出会える自己PR文の作り方を販売している
立間 康司さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:Photo:Getty Images

新型コロナウイルスによるロックダウンもなんのその、むしろリモートワークの方がやりやすい?!とさえ推測できるほど、お仕事に勤しまれているキャサリン妃。
7日、ケンジントンパレス を通して、キャサリン妃が新たなプロジェクトを立ち上げられたことが発表されました。ご結婚直後から長きにわたってパトロンとなり、サポートをされてきたナショナル・ポートレート・ギャラリーと組んだもので、写真を通して国民とともに、今の現状をシェアし合うというもの。
もうご存じの方も多いと思いますが、キャサリン妃の趣味のひとつがお写真。ご自身で撮影をされるのも大好きで、先日のシャーロット王女やルイ王子の記念写真も、プロに頼まず、ご自分で撮影。2015年から、気づけば恒例になっていました。また、ホロコースト締結から75周年の昨年、生存者軍人とその家族とのポートレートを撮影されたりもしました。
写真を含め、アートの力で人々を元気に、がキャサリン妃の信念ですが、それを実践するのが、まさにこのプロジェクト。
「ステイホーム」はお家だけを指しますが、もっと大きな意味で、「ホールド・スティル(じっとして)」をテーマとし、現在、新型コロナウイルスという共通の見えない敵と戦っている中で、それぞれが経験していることや、立ち向かっていること、また感動した瞬間やユーモアといったものまで、いわば、”英国の今”や、”みんなの今”が写ったものを、皆でシェアし合う、というもの。年齢も問わず、ジャンルを問わず、誰でもがどんな写真でもOK。参加が可能だそうです。

【写真】リトルファッションアイコン!シャーロット王女

ちなみにローンチに先駆け、キャサリン妃が実際に、最近の写真から選ばれた写真も公開されています。これがどれも、とても胸に刺さるものばかり。
先日のルイ王子と同様、顔にレインボーのペイントをし、医療従事者への感謝を示す笑顔の5歳の少女の写真や、ソーシャル・ディスタンシングが基本となっている最中、家の入り口ドアを挟んで、ひ孫たちと会う祖母祖父たちの写真。また高齢者福祉施設で、医療従事者の男性と楽しそうにダンスをする79歳のおじいちゃまの写真も。
中でも言葉を失うほどのインパクトを与えるのが、NHS(国民健康サービス)のICU(集中治療室)に勤務するナースの写真。 緊張状態が続く中で、毎日13時間のシフト、防護具で赤く跡がついた、ご自身の顔を撮影&投稿した女性。国に関係なく、世界中の医療従事者を代表した姿といえ、我が国でもきっと同じはず。

このプロジェクトのローンチをPRするべく、この日、英国の情報番組『This morning』に自宅からリモート出演をされたキャサリン妃。
その際のファッションは、さわやかなイエローベースの花柄ドレスで登場!
全身が見えないのは残念ですが、クルーネックに長袖、ボディラインに沿ったミディ丈のデザインです。ニューブランド「Raey(レイ)」のものですが、英国のオンライン・セレクトショップ「MATCHESFASHION(マッチズファッション)」の独占ブランドで、キャサリン妃にとってはミニマルでエッジ、リーンなシルエットが主流と、めずらしいブランドチョイスですね。これも、よりモダンに進化している証拠でしょう。
ピアスは、おなじみの、キャサリン・ゾライダのリーフモチーフ。大きめのウェーブでダウンスタイルと、バストアップでもゴージャスなスタイルは、やはりTV出演だから?いつものお家スタイルより、少し華やかにされたキャサリン妃でございました。

この時、英国で大人気のキャスター、ホリー・ウィロビーとの会話で、お子さまたちの様子もチラリ。
「ジョージはとても不機嫌なんです。なぜなら、彼がしたいことは全部、シャーロットの課題なんです。スパイダー・サンドイッチは、読み書きよりもあきらかにおもしろいものね!」と、大笑いのキャサリン妃。

なんだか余裕すら感じるキャサリン妃に、一体そんな息子(=未来の国王)に、どうやって勉強させていらっしゃるのか、気になるところですが、やはり子育てに自宅教育、そしてお仕事もフルでこなされているようですね。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:Photo:Getty Images

新型コロナウイルスによるロックダウンもなんのその、むしろリモートワークの方がやりやすい?!とさえ推測できるほど、お仕事に勤しまれているキャサリン妃。
7日、ケンジントンパレス を通して、キャサリン妃が新たなプロジェクトを立ち上げられたことが発表されました。ご結婚直後から長きにわたってパトロンとなり、サポートをされてきたナショナル・ポートレート・ギャラリーと組んだもので、写真を通して国民とともに、今の現状をシェアし合うというもの。
もうご存じの方も多いと思いますが、キャサリン妃の趣味のひとつがお写真。ご自身で撮影をされるのも大好きで、先日のシャーロット王女やルイ王子の記念写真も、プロに頼まず、ご自分で撮影。2015年から、気づけば恒例になっていました。また、ホロコースト締結から75周年の昨年、生存者軍人とその家族とのポートレートを撮影されたりもしました。
写真を含め、アートの力で人々を元気に、がキャサリン妃の信念ですが、それを実践するのが、まさにこのプロジェクト。
「ステイホーム」はお家だけを指しますが、もっと大きな意味で、「ホールド・スティル(じっとして)」をテーマとし、現在、新型コロナウイルスという共通の見えない敵と戦っている中で、それぞれが経験していることや、立ち向かっていること、また感動した瞬間やユーモアといったものまで、いわば、”英国の今”や、”みんなの今”が写ったものを、皆でシェアし合う、というもの。年齢も問わず、ジャンルを問わず、誰でもがどんな写真でもOK。参加が可能だそうです。

【写真】リトルファッションアイコン!シャーロット王女

ちなみにローンチに先駆け、キャサリン妃が実際に、最近の写真から選ばれた写真も公開されています。これがどれも、とても胸に刺さるものばかり。
先日のルイ王子と同様、顔にレインボーのペイントをし、医療従事者への感謝を示す笑顔の5歳の少女の写真や、ソーシャル・ディスタンシングが基本となっている最中、家の入り口ドアを挟んで、ひ孫たちと会う祖母祖父たちの写真。また高齢者福祉施設で、医療従事者の男性と楽しそうにダンスをする79歳のおじいちゃまの写真も。
中でも言葉を失うほどのインパクトを与えるのが、NHS(国民健康サービス)のICU(集中治療室)に勤務するナースの写真。 緊張状態が続く中で、毎日13時間のシフト、防護具で赤く跡がついた、ご自身の顔を撮影&投稿した女性。国に関係なく、世界中の医療従事者を代表した姿といえ、我が国でもきっと同じはず。

このプロジェクトのローンチをPRするべく、この日、英国の情報番組『This morning』に自宅からリモート出演をされたキャサリン妃。
その際のファッションは、さわやかなイエローベースの花柄ドレスで登場!
全身が見えないのは残念ですが、クルーネックに長袖、ボディラインに沿ったミディ丈のデザインです。ニューブランド「Raey(レイ)」のものですが、英国のオンライン・セレクトショップ「MATCHESFASHION(マッチズファッション)」の独占ブランドで、キャサリン妃にとってはミニマルでエッジ、リーンなシルエットが主流と、めずらしいブランドチョイスですね。これも、よりモダンに進化している証拠でしょう。
ピアスは、おなじみの、キャサリン・ゾライダのリーフモチーフ。大きめのウェーブでダウンスタイルと、バストアップでもゴージャスなスタイルは、やはりTV出演だから?いつものお家スタイルより、少し華やかにされたキャサリン妃でございました。

この時、英国で大人気のキャスター、ホリー・ウィロビーとの会話で、お子さまたちの様子もチラリ。
「ジョージはとても不機嫌なんです。なぜなら、彼がしたいことは全部、シャーロットの課題なんです。スパイダー・サンドイッチは、読み書きよりもあきらかにおもしろいものね!」と、大笑いのキャサリン妃。

なんだか余裕すら感じるキャサリン妃に、一体そんな息子(=未来の国王)に、どうやって勉強させていらっしゃるのか、気になるところですが、やはり子育てに自宅教育、そしてお仕事もフルでこなされているようですね。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

関連記事