• 気弱な人ほど説得に強い。「交渉」にコンプレックスを抱く必要がない理由(ライフハッカー[日本版])

気弱な人ほど説得に強い。「交渉」にコンプレックスを抱く必要がない理由(ライフハッカー[日本版])

未分類

進藤 拓磨のプログラミングコミュニケーションCHEAT購入者が言う実際の評判

進藤 拓磨の
プログラミングコミュニケーションCHEATに
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:気弱な人ほど説得に強い。「交渉」にコンプレックスを抱く必要がない理由

仕事で成功するために必要なのは、「社内および社外の人たちと適切なコミュニケーションをとる能力」だと主張しているのは、『日本一敵が少ない弁護士が教える 7タイプ別交渉術』(谷原 誠 著、秀和システム)の著者。

企業法務、事業再生、交通事故、不動産問題などの案件・事件を、質問力・交渉力・議論力を生かしながら解決に導いているという弁護士です。

そのコミュニケーション能力のうち、もっとも重要なものの1つに「他人に影響を与え、他人を説得し、イエスと言ってもらう」能力があります。

一般には、リーダーシップ、説得力、交渉力などと言うことがあります。 本書では、これらのコミュニケーションを扱います。(「はじめに」より)

交渉術に関する書籍は少なくありませんが、その大半は交渉のテクニックに重点を置いているもの。

もちろん交渉テクニックも欠かせないとはいえ、「相手を読み切る」がさらに重要なのだと著者はいいます。

交渉や説得の目的は、相手に「イエス」と言ってもらうこと。つまり、どうすれば相手が「イエス」と言うのかを読み、それに合わせてテクニックを使ったり、提案をしたりすることが重要になってくるわけです。

そのため本書では、著者の交渉・説得経験に基づき、交渉や説得の方法をわかりやすく解説しているのです。

しかし実際のところ、交渉や説得をしようとしても「口ベタだから」「気が弱いから」というコンプレックスに邪魔されてしまうかたも少なくはないはず。

そこで、きょうは第2章「口ベタ・気弱な人だからこそ納得してもらえる」に焦点を当ててみることにしましょう。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

関連記事