おしゃれ美人の情報サイト

おしゃれ美人の情報サイト

ネットで見つけたおしゃれな情報をシェアします

記事一覧

イヴ・サン・ローランの長年のパートナー ピエール・ベルジェが死去(Fashionsnap.com)

デザイナーの故イヴ・サン・ローラン(Yves Saint Laurent)の長年のパートナーとして知られるピエール・ベルジェ(Pierre Berge)が死去したと複数の海外メディアが報じた。86歳だった。

今秋にはイヴ・サンローランの美術館がオープン予定

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

服は1回200円まで着倒す!史上最強のコスパ提案(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

服をムダ買いしないコツは、「1回当たりの着用コスト」を計算すること。片づけアドバイザー・石阪京子さんが提案する、最強のコスパチェック法を紹介!

【関連画像】「1回の着用コスト」を算出方法はこちら!

●洋服代を「経費」と考えると使える服しか買わなくなる

 「服をなかなか捨てられない人は、〝実は着ていない服〟が多い傾向に。服はとことん着倒すものと考えることが、ムダ買い体質から脱する第一歩です」と、片づけアドバイザーの石阪京子さん。そんな石阪さんが提案するのが、「1回の着用コスト」を計算して服を買うことだ。

 「企業会計の減価償却費と同じ考え方です。3000円の服を10回着れば、1回当たりのコストは300円。通勤服はいわば必要経費。『自分の収入なら、服飾費として1日にいくらかけられるか』を考えて、その範囲に収まるものを買いましょう」。

 石阪さんの目安では、「1回の着用コストが1000円以上になるものはコスパが悪い」と言う。「例えばパーティーやリゾートでしか着られない服は、コスパが悪い。幅広い場面で使えるものを選ぶと、1回の着用コストは下がっていきます」。

 また「顔色が悪く見える」などの服も、着る頻度が減り、結果的に着用コストが高くなる。石阪さんは、買わない服のルールを設けることで、ムダ買いをなくしている。

 価格の安い服ほど着用コストは下がるが、たとえ3万円の服でも3年着れば1回の着用コストは200円台に。「質のいい服なら3年着ても傷みません。長く着る服か、1シーズンで着倒す服かも考え、“納得できるコスパ”になる服を選びましょう」。

●買い物を「減価償却」で考える3STEP

●STEP1. 「1回の着用コスト」を算出する

手持ちの服に対し、これまでの実績と見込みで「月に何回着るか」「何カ月間着るか」を考えて着用回数を概算。価格を着用回数で割り、1回当たりの着用コストを算出。

購入金額___円÷(月着用頻度__回☓着用期間__カ月)=1回の着用コスト___円

◆たとえば
・4000円のブラウスを月4回、1シーズン(5カ月間)着るなら…

4000円(÷月4回☓5カ月)=200円

・2万円のスカートを月4回、2シーズン(10カ月間)着るなら…

2万円(÷月4回☓10カ月)=500円 

●STEP2. 着用コストから「コスパ」をチェック

上で算出した1回の着用コストが1000円未満になれば「コスパが良い」服。1000円以上になる場合は、「コスパが悪い」服と考えて。手持ちの服をグループ分けしよう。

●STEP3. 「OK服」「NG服」の傾向をリスト化し、買い物に生かす

コスパの良い服と悪い服、それぞれの色、形、デザインなどをリスト化。このメモがあれば次に買い物する際、コスパの良い服だけを選びやすくなり、ムダ買いを防げる。

●石阪さんの「着用コスト」を公開!

「使い倒せるものしか買わない」と言う石阪さんの愛用アイテムで、1回の着用コストを算出しました。

◆ONの着用コスト

・3年着られる アナイのジャケット
<1回の着用コスト>286円
購入価格3万円÷(月5回☓7カ月☓3年)

・2年着られる アナイのワンピース
<1回の着用コスト>625円
購入価格3万円÷(月3回☓8カ月☓2年)

・10年使える エルメスのトートバッグ
<1回の着用コスト>243円
購入価格35万円÷(月12回☓12カ月☓10年)

・3年履ける ランバンのパンプス
<1回の着用コスト>59円
購入価格3万4000円÷(月16回☓12カ月☓3年)

◆OFFの着用コスト

・5カ月着られる ユニクロのVニット
<1回の着用コスト>60円
購入価格2990円÷(月10回☓5カ月)

・1年着られる ZARAのデニム
<1回の着用コスト>25円
購入価格5990円÷(月20回☓12カ月)

・3年使える ビームスの布バッグ
<1回の着用コスト>6円
購入価格6000円÷(月30回☓12カ月☓3年)

この人に聞きました

石阪京子さん
片づけアドバイザー
どんな家でも片づけ切れるメソッドの提案で大人気に。「お金が貯まる片づけ術」を指南するなかで、洋服の買い方もアドバイス。近著は『二度と散らからない! 夢をかなえる7割収納』(講談社)。

写真/小野さやか

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のクロエ・ベネット、「ハリウッドは人種差別的」(ELLE ONLINE)

エド・スクラインが映画『Hellboy: Rise of the Blood Queen(原題)』を降板したニュースが流れると、クロエ・ベネットはインスタグラムに彼の声明文をアップ、「エドへ、アジア系アメリカ人のコミュニティに対してハリウッドが今も無神経で不真面目な態度を取っていることに立ち上がってくれてありがとう。あなたの役に関するこの決断は簡単なものではありません。だからあなたの勇気と、真に影響力のある一歩に感謝します。このことが他の俳優や映画製作者が同じ行動をとるよう、勇気を与えることを望んでいます」とコメント。実はクロエはアジア系。マイノリティのカルチャーを尊重するエドに、アジア系コミュニティの一員として感謝の気持ちを示したというわけ。

映画『Hellboy』、人種問題でエド・スクレインが降板

でもその投稿にクロエがかつてウォンという中国系の姓で仕事をしていたことを指摘、ベネットに変えたことを非難するコメントが書き込まれた。クロエはその非難に対して「姓を変えても私の血の半分が中国人で、中国に住んでいたことがあり、中国語を話し、アメリカと中国の両方の文化の中で育ったという事実が変わることはありません」と反論。さらに「稼いで家賃を払わなくてはいけない、ハリウッドは人種差別的よ。私の姓が彼らにとって不快だからと私を起用しませんでした」とアジア系俳優に対する差別を痛烈に批判! ハリウッドで生きていくためにはアメリカ系の姓でなくては不利なことを暴露した。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~